「パックのまま冷蔵庫」はNG?!イチゴを買ったらするべき正しい保存法とは

インテリア・生活雑貨

「パックのまま冷蔵庫」はNG?!イチゴを買ったらするべき正しい保存法とは

イチゴを買ってきたらそのまま冷蔵庫にしまう方が多いと思いますが、実はパックに入れたままの保存は、元々日持ちしないイチゴの寿命を更に縮めてしまうのでNG!

そこでこの記事では、イチゴを長持ちさせる正しい保存方法をご紹介します!

イチゴをパックのまま保存はNG!長持ちする保存法は?

いちご

「冷蔵庫や野菜室にきちんと入れているのに、すぐ傷んでしまった」という経験をしたことがある方は少なくないはず。イチゴの日持ちは、およそ1日~5日程度であまり長くないと言われていますが、パックのまま置いておくとイチゴ同士の重みで潰れて傷みやすくなるので、更に寿命が短くなってしまいます。

イチゴをできるだけ長持ちさせたい場合は、タッパーのような保存容器に移し替えることが大切!

【イチゴを長持ちさせる保存のしかた】

タッパー

(1)タッパーなどの容器にキッチンペーパーを敷く

(2)ヘタが下になるように並べて入れる

※この時ヘタを取ったり洗ったりするのはNG!食べる直前に行ってください。

(3)キッチンペーパーを上からかぶせて容器にフタをし、野菜室に入れる

いちご

たったこれだけで、イチゴを長持ちさせることができます!手間を惜しまないという方は、最初にキッチンぺーパーを敷く時に、イチゴ同士が触れ合わないよう仕切りを作るようにして敷くと更に効果アリです♪

大切なのは「重ねない」「接触させない」の2点。今後は以上を意識して保存してみたください!

イチゴの寿命がさらに延びる!劣化の原因を分解できる保存容器

いちご

パックから移し替える手間をかけるのだから、せっかくなら保存容器も適当なものではなく、鮮度を長持ちさせられるものを選びたいですよね。何かいいものは…と探してみると、野菜や果物から出る鮮度が落ちる原因「エチレンガス」を分解して、食材を長持ちさせられる保存容器を見つけました!

早速ご紹介します!

【鮮度まもる君コンテナー 800ml】

保存容器

野菜や果物が出す「エチレンガス」や「酵素」を分解することができる保存容器。この分解機能のおかげで食材が劣化しにくく、通常よりも長持ちします!

いちご

この容器に正しい方法でイチゴを並べて入れれば、イチゴの寿命は更に延びますね!買ってすぐには食べないという方には特におすすめです♪

ほかにも、

抗菌・防カビ成分配合なので、イチゴがカビにくい

強力な密閉力なので、カレーや煮物など液状のものも入れられる

電子レンジOKなので、温野菜を作るのに便利

など、様々な嬉しいポイントが!特に防カビ成分が配合されている点は、イチゴによくカビをはやしてしまう方にとって、何より嬉しいのではないでしょうか…♪

もちろんイチゴの保存だけでなく、作り置き料理を保存したりレンジ調理をするのにも便利なので、一人暮らしの方にもおすすめです!

おわりに

いかがでしたか?

鮮度が長持ちする正しいイチゴの保存方法と、更に長持ちさせられる便利な保存容器をご紹介しました!いつもイチゴをパックのまま冷蔵庫に入れていた方、腐らせたりカビさせたりしてしまっていた方は、ぜひお試しください♪