【1分脳トレ】発想の転換が必要!1本だけ動かして「3+3=3」を正しく!

そのた

【1分脳トレ】発想の転換が必要!1本だけ動かして「3+3=3」を正しく!

今回はマッチ棒の問題です。1分程度で解ける難易度になっています。脳トレ効果を上げるなら、制限時間内クリアを目指してください。

1本だけ動かして「3+3=3」を正しい式にしてください!

みんな大好きな王道問題、マッチ棒クイズから今回はスタートです。

1本だけ動かして「3+3=3」を正しい式にしてください!

いま「3+3=3」という誤った式がマッチ棒で作られています。ここから1本だけ動かして式が正しくなるように修正してください。動かしていいのは1本だけ。取り除くだけ、マッチ棒を折って本数を増やす、「<」のような不等号を作るといったやり方はNG。どうすればよいのか考えてみましょう。

答えを見て、「それズルくない!?」というのはナシ!つまり、ちょっとだけ発想の転換が必要ということ。

1本だけ動かして「3+3=3」を正しい式にしてください!

【答え】

「+」の縦棒を取り除き、90°回転させ「=」を作りましょう。式は「3=3=3」となって成立します。

この問題には「3」という数字しか登場しません。「3」は右下を横に動かすと「2」に、右上を横に動かすと「5」に変化します。しかし、どの部分を変化させても「3+2=3」「3+3=5」「5+3=3」のように、式を正しくすることができず手詰まりに。

かの名探偵シャーロック・ホームズは相棒のワトスン博士にこう述べています。「不可能をすべて取り除いた時に残ったものが、いかに突飛なことであったとしてもそれが真実だ」と。

まとめ

マッチ棒クイズで引き合いに出したシャーロック・ホームズの理論は、彼独自のものではなく、「消去法」とよばれるもの。推理小説のトリックが解明された瞬間の驚きや感動に比べれば、規模は違いますが、脳トレもそんな爽快感と楽しさを味わえる、脳の活性剤です♪