【1分脳トレ】「又、糸、土」を組み合わせるとどんな漢字になる?

そのた

【1分脳トレ】「又、糸、土」を組み合わせるとどんな漢字になる?

今回は漢字問題や面積問題など3問を集めてみました。どれも1分程度で解ける難易度になっています。脳トレ効果を上げるなら、制限時間内クリアを目指してください。

「又、糸、土」を組み合わせるとどんな漢字になる?

「カ」は「加」の一部から作られたとされるように、漢字はさまざまなパーツからできています。例えば、「何」という字は、「イ」と「可」という字が組み合わさるとできあがります。これを踏まえ、バラバラになった漢字を組み立てる問題に挑戦しましょう!

「又、糸、土」を組み合わせるとどんな漢字になる?

では問題です。「又、糸、土」から完成する漢字は何でしょう?

【答え】 経

「経」という字は非常に多くの意味があり、「経過する」などの意味の「ケイ」「へ(る)」や「た(つ)」は真っ先に思い浮かぶもの。他にも「たていと」という読みもあり、繊維など織物の経糸(縦糸)を表しています。「糸」のへんが付いているため、これが文字の作られた時のイメージなのかもしれません。地球の座標を表す緯度と経度の「経」も、地球を縦に切るように走る位置関係を示しています。

式はわかるけれど計算ができない?面積を出してみよう!

2問目は、計算が必要な図形の面積問題にチャレンジしてみましょう。

式はわかるけれど計算ができない?面積を出してみよう!

上の図には2個の円が描かれています。このうちハイライトされている部分の面積を求めてください。図の1マスを1とし、半径4の円から半径2の円の面積を引いた状態が該当します。円周率はπを使いますが、πが入ると計算がわからなくなる場合、便宜上円周率を「3」としてもかまいません。

【答え】 12π

問題にもあるように、半径4の円から半径2の円の面積を引きます。円の面積を求める式「半径×半径×円周率」は覚えていましたか?

これを式で表すと次のとおり。

(4×4×π)-(2×2×π)

=16π-4π

=12π

πの入った計算に自信がない時の計算だとこうなります。

(4×4×3)-(2×2×3)

=48-12

=36

「π=3」としていますから、

12π=36

π=3

となって、計算の正しさが確認されました。

「○継」など4つの言葉に共通する文字は何?

「○継」など4つの言葉に共通する文字は何?

「前、午、悔、継」というように十字に漢字が配置された図があります。中央には空白のマスがあり、ここにある漢字を入れると、「前○、午○、○悔、○継」という4種類の熟語が完成します。何という文字が入るか考えてください。

考え方は、どれかひとつの漢字に絞り、頭に浮かんだ言葉を別の文字と組み合わせ、熟語が完成するかを繰り返していきましょう。4つあるうちの、あの文字を基準にすると簡単かもしれません!

【答え】 後

それぞれ「前後」「午後」「後悔」「後継」となります。「悔」という字は日常的に使う文字ではないため、ここから問題に取り組むと「後悔」がすぐに出てきたのではないでしょうか。

「午後」はお昼を過ぎた時間を表していますが、「午」の字は「牛(うし)」ではなく「午(うま)」の「あと・うしろ」と書きます。この「午」は十二支の「うま」であり、昔の時間の表現の「午の刻(こく)」のこと。「午の刻」は現在の午前11時~午後1時を指し、午の刻のど真ん中を「正午」、つまり「まさに午の刻」と言いました。そして、正午よりも前を「午前」、後を「午後」としたのです。

まとめ

3問挑戦して何問正解できましたか?今回はやさしめの問題もあり、サクサク解けてしまったかもしれません。

次回もクイズで脳の活性化が期待できる1分脳トレをお楽しみに!