【1分脳トレ】マッチ棒クイズに挑戦!「16+5=10」を正しくしよう!

そのた

【1分脳トレ】マッチ棒クイズに挑戦!「16+5=10」を正しくしよう!

今回はマッチ棒や漢字クイズなど複数ジャンルの問題を3問集めてみました。どれも1分程度で解ける難易度になっています。脳トレ効果を上げるなら、制限時間内クリアを目指してください。

マッチ棒クイズ「16+5=10」を正しくするには?

マッチ棒クイズ「16+5=10」を正しくするには?

1問目はパズルの定番、マッチ棒の問題です。「16+5=10」という式があります。この式で使われているマッチ棒を動かして、間違っている式を正しく直してください。動かしていいのはマッチ棒1本、取り除くだけや、曲げるといったマッチ棒の加工はNGです!

マッチ棒クイズ「16+5=10」を正しくするには?

【答え】

まず「+」の縦棒を取り除き「-」に変えましょう。取り除いたマッチ棒は右隣の「5」の左下に追加します。これで「5」が「6」になり、「16-6=10」という正しい式に変更できました。

ここで、2桁の数字のあるマッチ棒問題を解くヒントを。「1」という数字は2本のマッチ棒で作られているため、マッチ棒を1本しか動かせない場合、10~19の数字は一桁にはできないということを覚えておきましょう。一方、「1」に1本追加すると「7」になりますが、問題と回答の部分を見比べて、70台の数字が来る可能性の確認も忘れずに。もしない場合は、他の数字を加工することから考えてください。

ひとつだけ使わない字が入っています!それはどれ?

9個の漢字を1回ずつ使って2文字の熟語を作ると1文字余ります。その余る字を探すパズルが第2問。

ひとつだけ使わない字が入っています!それはどれ?

文字は上から下へ、左から右への順で読むだけで、下から上へ、右から左へ、斜めに組み合わせてはいけません。どんな熟語ができて、どの文字が余るか見つけましょう!

ひとつだけ使わない字が入っています!それはどれ?

【答え】 点

「探索」「採取」「発見」「調査」の4つが作れて「点」が余ります。「探索」「採点」「発見」「取調(とりしらべ)」で「査」が残るという回答があるかもしれませんが、「取り調べ」が基本的な表記のため不正解としました。この「採」をどの文字と組み合わせるかが正解・不正解の分岐になっています。

真ん中にどんな漢字を入れたら熟語が完成する?

3問目はおなじみ、共通する漢字を見つける問題です。

真ん中にどんな漢字を入れたら熟語が完成する?

上の図には「引、運、意、件」が十字に配置されています。その中央には空白のマスがあり、ここにある漢字を入れると「引○」「運○」「○意」「○件」という熟語が完成します。では、何という字が入るのか考えましょう!

【答え】 用

中央に「用」を入れると、「引用」「運用」「用意」「用件」の熟語が完成します。「ようけん」には「要件」と「用件」の2種類があり、「要」のほうを先に思い浮かべてしまうと、答えを出すのに苦労したかもしれません。この「要件」と「用件」の違いは、「要件」は必要なものや条件を、「用件」は用事を表す時に使います。このような同じ音で似たような意味だけれど異なる言葉に「使用」と「私用」があります。どちらも「使う」ことでは共通していますが、「私用」が自分専用という意味合いなのに対し、「使用」は公共性のあるものを利用する時に使うと分けています。

まとめ

わからない時でも解説を見ながら確認していけば、脳は頑張ってくれているはずです。解けない問題があっても、「へぇ」という軽い気持ちでぜひ楽しんでください。

次回もひらめきや試行錯誤をしながら脳を活性化させる問題を用意してお待ちしております。