• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

【1分脳トレ】これがわからないとヤバイ!?「五、言、口」で漢字を作ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

そのた

【1分脳トレ】これがわからないとヤバイ!?「五、言、口」で漢字を作ろう!

今回はトリビアや漢字パズルなど複数ジャンルの問題を3問集めてみました。どれも1分程度で解ける難易度になっています。脳トレ効果を上げるなら、制限時間内クリアを目指してください。

バラバラのパーツを組み立てて漢字にしよう!

1問目はバラバラの字を組み立てるパズルです。

「五、言、口」で漢字を作ろう!

例えば「木」と「ハ」と「ム」を組み立てると「松」という字ができます。これと同じように「五、言、口」の3つの字を組み立てて、漢字1文字を作りましょう。

【答え】 語

この問題はパーツが3つと少ないうえ、組み合わせが特異ではないため、それほど考えなくても解けた人が多かったのではないでしょうか?「言」は「誉」以外ではほとんど「ごんべん」として使われることがほとんど。あとは「五」と「口」をつくりとして組み立てれば完成です。パッと見て左右に並ぶことは考えにくく、上下に積み上げるケースを想像すれば、すぐに「吾」ができあがり「語」が答えとわかるでしょう。

これが読めたら結構スゴイ!「麻績村」の読み方を知っていますか?

2問目は全国の読み方の難しい自治体名を集めた、難読地名の問題に挑戦してください。今回も相当難しいですよ!

「麻績村」の読み方を知っていますか?

「麻績村」は何と読むかわかりますか?「ませきむら」「あさづみむら」は、「むら」以外かすりもしていません。

【答え】 おみむら

「麻績」で「おみ」はほぼ100%浮かんでこない名称といえるでしょう。「麻」は植物の「あさ」もしくは「ゴマ」のこと。「績」は「成績」の「せき」ですが、「績(ぐ)」で「つむぐ」と読み、繊維を糸に紡ぐことを「紡績」といい、この字が使われています。どちらも繊維に関係のありそうな地名ですが、特産品などにその名残はないもよう。

長野県中央部の東筑摩郡に属する、人口約2,600人の村。長野市と松本市の間に位置し、江戸時代は善光寺と伊勢神宮へ参拝する人々でにぎわう「麻績宿」がありました。土地の所有者である村と賃貸借契約を結ぶことで、土地代を払う代わりに固定資産税を免除するという、地上権方式を採用した「聖高原別荘地」を管理する珍しい自治体でもあります。

オラの里が一番!「ドレッシングが大好きな市民」は?

特産品の消費量は生産地が多いであろうことは想像に難くありません。しかしどこで作っているのか気にしたこともない、一般的な食品はどの自治体の消費金額が多いのかわからないもの。そんな情報がたくさん眠っている場所があります。総務省統計局には、みると「へぇ」となる情報が満載です。第3問は、その統計データから出題します。

「ドレッシングが大好きな市民」は?

サラダにかけるドレッシング。そのドレッシングが大好きな人々が暮らす自治体はどこでしょうか?数値は、1世帯当たりの支出金額で比較しています。

【答え】 松江市

島根県の松江市はドレッシングの年間支出金額が全国1位の2,785円。2位は横浜市、3位前橋市、4位さいたま市、5位に東京都23区部が入り、2位から5位は僅差です。この中で最も人口が多いのは5位の東京23区部の約950万人、2位は横浜市の約380万人、3位が約130万人でさいたま市、4位が前橋市の約33万人、松江市は5位の約21万人となっています。1世帯当たりの支出額ですから、人口の過多は直接関係ないとはいえ、人数が少ないということは、それだけ似た嗜好の人が多いということでしょう。

まとめ

松江市には大きなドレッシング工場があったり、メーカーの本社があったりするわけでもないにもかかわらず、ドレッシングをこよなく愛する市民が集まっているのはなぜなのでしょう。2問目の難読地名も歯ごたえのある問題でしたね。

次回も悩み考え、脳の活性化が期待できる問題をお楽しみください!