【1分脳トレ】「自我自賛」正しそうに見えて実は間違っています!

そのた

【1分脳トレ】「自我自賛」正しそうに見えて実は間違っています!

今回は難読漢字やクイズなど複数ジャンルの問題を3問集めてみました。どれも1分程度で解ける難易度になっています。脳トレ効果を上げるなら、制限時間内クリアを目指してください。

「自我自賛」正しそうに見えて実は間違っています!

「自我自賛」正しそうに見えて実は間違っています!

自分で自分の行動を褒めてしまう「じがじさん」。自分で褒めるのだから「自我自賛」であっていそうなのに、この表記は間違っています。正しくはどう書くのでしょうか?

【答え】 自自賛

自分自身を褒めているのですが、実際は自分で描いた絵画を自ら褒めたたえている様子を表しているそうです。イメージとしては、自分で書いた本に自分で推薦文を書いているみたいなものでしょうか。

似た言葉に「手前味噌」があります。こちらも自分で自分を褒めている点は同様なのに、「手前味噌ですが~」と前置きをすることが多く、ちょっとだけやんわりとした印象があります。

「女郎花」はどう読む?もちろん「じょろうばな」ではありません!

「女郎花」はどう読む?もちろん「じょろうばな」ではありません!

漢字はその読み方を知らなくても、パーツを見ると読み方が想像できる文字です。例えば、「射」は「シャ」と読み、「感謝」の「謝」も「シャ」と読みます。ところが、この法則がまったく当てはまらない読み方が存在します。

今回の問題である「女郎花」もそのひとつです。ストレートに読めば「じょろうばな」ですが、もちろんそのような読みではありません。では、何と読むでしょうか?

【答え】 オミナエシ

葛(くず)、ススキ、桔梗(ききょう)、撫子(なでしこ)、藤袴(ふじばかま)、萩(はぎ)とともに秋の七草のひとつとされます。「オミナエシ」の由来は、同じ仲間で白い花を咲かせるよく似た「男郎花(オトコエシ)」に対して「女郎花」と名づけられたとされています。

オミナエシ

花言葉は「美人」「優しさ」などがあり、黄色く可憐で美しい見た目と違わないもの。日本には古くから自生していて、紫式部の「源氏物語」にもたびたび登場しています。

ある法則で文字が並んでいます!★には何が入る?

ある法則で文字が並んでいます!★には何が入る?

「白」と「黒」という文字がぐるりと円を描いて並んでいます。これはあるものの並び方を表したもので、円で描かれているように、この配列はエンドレスに続くものです。実際は無限に並べることはできないため、私たちが普段目にするときは横一列になっているもの。この中にある「★」には何が入るかわかりますか?

【答え】 白

ピアノの鍵盤の並びを表現しているため、「★」の部分は「白」。

図の左にある「白」「白」とある部分の2個目の「白」が「ドのナチュラル 」で白鍵、次の「黒」は「ドのシャープ」、続けて「レのナチュラル 」「レのシャープ」「ミのナチュラル 」。「★」は「ファのナチュラル 」ですから白鍵の「白」になります。最後、左の2個並んだ「白」「白」の最初の「白」は「シのナチュラル」で1オクターブが完成です。

まとめ

漢字問題や法則を見つけるクイズなどを取り混ぜた問題はどれも解けましたか?暇つぶしや気分転換で楽しみながら脳の活性化をしましょう!