【1分脳トレ】「心、日、立」を組み立てるとできあがるのは?

そのた

【1分脳トレ】「心、日、立」を組み立てるとできあがるのは?

今回は難読漢字や算数など複数ジャンルの問題を3問集めてみました。どれも1分程度で解ける難易度になっています。脳トレ効果を上げるなら、制限時間内クリアを目指してください。

漢字がバラバラに!「心、日、立」を組み立てるとできあがるのは?

「心、日、立」を組み立てるとできあがるのは?

「付」という漢字を分解していくと「イ」と「寸」に分けることができます。漢字は部首やつくりという複数のパーツから作られているため、このようなことができるのですが、ここではもっと細かく漢字をバラバラにしてみました。

ある漢字を分解すると「心、日、立」になります。元がなんという字だったか考えてください。

【答え】 意

この問題は、「心」という字はほぼ縦に積む以外考えにくいことから難易度は低め。一般的に心は「思」のように一番下に来ることが多く、真ん中に来るのは「愛」などごく一部です。これに気が付くと、「心」を下にして、残りの「日」と「立」の順番をどうするかだけです。

天気予報でも聞く「霰」の読み方を知っている?

天気予報でも聞く「霰」の読み方を知っている?

テレビ番組でもおなじみの難読漢字です。天気予報でも耳にしたことのある気象用語を漢字で書くと「霰」になります。読み方がわかりますか?

ちょっとだけヒントを。字をよく見るとわかるように「雨」が上にある「あまかんむり」ですから、気温ではなく、雨にかかわる言葉だということが分かります

【答え】 あられ

似た漢字に「雹(ひょう)」「霙(みぞれ)」「霧(きり)」「靄(もや)」「霞(かすみ)」などがあり、気象庁ではそれぞれ次のように定義しています。

ひょう
直径5mm以上の氷の塊。

みぞれ
雨と雪の混じったもの。

あられ
直径5mm未満の氷の塊。

きり
見える距離が1km未満の状態。

もや
見える距離が1km以上10km未満の状態。

かすみ
気象観測では定義がないため使用しない。

あられとひょうは、氷のサイズの違いを見て呼び分けているようです。

「(-5)+(-8)」を間違えないで計算しよう!

「(-5)+(-8)」を間違えないで計算しよう!

雰囲気をガラリと変えて、3問目は算数に挑戦してみましょう。足し算の中でも難易度の高いマイナスの付いた数字、負の足し算を解いてください。

問題は「(-5)+(-8)」という、たったふたつの数字を足すだけという極めてシンプルなもの。これが負の数字でなければ単純な「5+8」で「13」になるのですが、厄介なマイナスが付くとどうなるか、学校で習ったことを思い出してみてください。

【答え】 -13

もっとも簡単なマイナス同士の足し算は、数字を足して頭にマイナスを付ければOK!この問題なら「5+8」で「13」にして頭にマイナスを付けて「-13」となります。

まとめ

文字の組み合わせパズルや計算はいかがでしたか?

気分のリフレッシュと頭の体操を兼ねた1分脳トレ、次回もお楽しみに!