蚊に刺されたら試して!「かゆみを抑える」超カンタン裏ワザ、知らなきゃ損!

スポーツ・アウトドア

蚊に刺されたら試して!「かゆみを抑える」超カンタン裏ワザ、知らなきゃ損!

夏になると多くの方が直面する悩みと言えば、「蚊に刺されたところがかゆい!」というもの。公園に散歩に行ったり庭仕事をしたり、お盆にお墓参りに行ったりと、いつの間にか刺されてしまうシーンは意外と多いもの。

そこでこの記事では、蚊に刺された時のかゆみがスッと治まる応急処置裏ワザをご紹介します!

蚊に刺されたら試して!かゆみを鎮める応急処置裏ワザ

女性

「蚊に刺されたら爪を押し付けて十字の痕を作るといい」とよく聞きますが、実はかえってかゆみや腫れが悪化してしまうのでNG!

虫刺されのかゆみは、「冷やすこと」「空気に触れさせないこと」で抑えることができます。

【応急処置裏ワザ】

◆冷やして感覚を麻痺させる

保冷剤

刺されたところを冷水や保冷剤で冷やすことで、感覚が麻痺してかゆみを感じにくくなります。また、腫れを抑える効果も期待できるのでおすすめ!

「冷水や保冷剤は出先で用意できない」という方は、濡らして絞って振るだけでひんやり冷たくなる、クールタオルを持ち歩くと◎。暑さ対策にもなるので、一石二鳥ですよ♪

◆絆創膏を貼る

絆創膏

蚊に刺された部分は、風や服が触れることでかゆみを感じやすくなります。そこで、絆創膏を貼って何も触れないようにすることで、かゆみが段々と治まっていきます!

もちろん虫刺され用のかゆみ止めパッチでもOK。蚊に刺されそうな場所へ出かける時は、絆創膏やパッチを持っていくと安心ですね。

夏の虫対策を徹底したい!「セミ」「コバエ」撃退法とは?!

木

夏に誰もが直面する問題と言えば、ほかにも「道に落ちてるセミが怖い」「家の中でなぜかコバエが湧く」というものがありますよね。

ここからは、そんな問題を解決してくれるお役立ち情報をお届け!

セミは普通の殺虫剤で倒せない?!持っておくべき【ハチノック】

殺虫剤

◆玄関まわりなどに落ちてる「生死の分からない」セミが怖い

◆何とかして駆除したい

そんなことを思っている方には、ハチの駆除業者も使用するハチ用殺虫剤「ハチノック」がおすすめ!残念ながら通常の殺虫剤ではセミを倒すことはできませんが、こちらは「ほぼ確実に仕留められる」とセミ嫌いの間で信頼されている優秀アイテムなのです…♪

ほかにも、セミの生死の見分け方や、セミから身を守るために常備しておくべきアイテムなどのお役立ち情報を知ることができるので、ぜひリンク先をチェックしてみてください!

部屋のコバエを道具なしで駆除するには?家にあるアレで解決!

めんつゆ

◆家の中に沸いてしまったコバエをラクに駆除したい

◆コバエ駆除アイテムをわざわざ買うのは面倒

そう思っている方は、めんつゆで作る罠を設置するのがおすすめ!水とめんつゆ、食器用洗剤を混ぜるだけで簡単に作れる罠なので、「最近部屋を飛び回っていて鬱陶しいな」と思っている方はぜひお試しあれ。

ほかにも、コバエが発生する原因や対策方法も知ることができるので、コバエに困っている場合は要チェックです♪

おわりに

いかがでしたか?

蚊に刺されたことによるかゆみを鎮める応急処置裏ワザと、セミやコバエの駆除方法をご紹介しました!もし外出先でかゆみ止めを持っていなくても、今回ご紹介した裏ワザを使えばかゆみが治まりやすくなるので、ぜひこの夏試してみてくださいね♪

バナー