【1分脳トレ】これは簡単!?「ニ、車、ム」からできる漢字は何?

そのた

【1分脳トレ】これは簡単!?「ニ、車、ム」からできる漢字は何?

今回は漢字の問題を2問集めてみました。どれも1分程度で解ける難易度になっています。脳トレ効果を上げるなら、制限時間内クリアを目指してください。

これは簡単!?「ニ、車、ム」からできる漢字は何?

1問目は漢字を組み立てるパズル問題。

これは簡単!?「ニ、車、ム」からできる漢字は何?

「言」と「五」と「口」を組み合わせると「語」という漢字ができあがります。では、「ニ」「車」「ム」の3つを組み合わせるとどんな漢字になるでしょう?
「語」の「言」は細長く、「五」と「口」は1/4程度まで小さくなっています。ここに気を付けて考えると、すぐに答えがわかりそうです。

【答え】 転

「ニ」「車」「ム」の3文字を見た時、「車」は「へん」になるだろうなと気づいたでしょう。あとは「ニ」と「ム」積み重ねるという発想が出てくれば、あっという間に解けたかもしれません。

「転」という字は丸いものがくるくると回る様子を表しています。車輪を想像するとわかりやすく、「車」が「へん」という文字も意味と成り立ちを考えると納得。

熟語を作った時に余るのはどの字?

2問目は漢字を使ったパズル。

熟語を作った時に余るのはどの字?

9個の漢字が縦横3個ずつ並んでいます。この漢字を使って2文字の熟語を作ってください。文字を使えるのはそれぞれ1回、読み方は上から下へ、左から右へのどちらかのみです。言葉を作った時に余る1文字は何?

熟語を作った時に余るのはどの字?

【答え】 産

「養豚」「鶏鳴」「肉声」「牧場」が作れる言葉になり、「産」が余ります。「養鶏」「豚肉」「牧場」「鳴声」も正解っぽい組み合わせ。しかし、「鳴き声」が正しく、送り仮名のない「鳴声」は不正解!

「鶏鳴」は「けいめい」と読み、鶏が鳴くことや、その時間を意味します。「鶏鳴狗盗」の語源となる中国戦国時代の孟嘗君(もうしょうくん)のエピソードは痛快な物語。機会があったらぜひ読んでみてください。

まとめ

これは何だろう考え、なるほどと思った時こそ脳が一層活動している瞬間です。次回も頭の体操にピッタリな1分脳トレをお楽しみに!