【1分脳トレ】4つの熟語に共通する漢字は何?

そのた

【1分脳トレ】4つの熟語に共通する漢字は何?

今回は漢字パズルや難読地名など複数ジャンルの問題を2問集めてみました。どれも1分程度で解ける難易度になっています。脳トレ効果を上げるなら、制限時間内クリアを目指してください。

「経○」など4つの熟語に共通する○に入る漢字は何?

最初の問題は共通の漢字を探す、語彙力が高いほど答えをすぐに見つけられるクイズです。

「経○」など4つの熟語に共通する○に入る漢字は何?

「学、経、史、代」という漢字があります。それぞれ前もしくは後ろに共通の漢字を入れると、「学○」「経○」「○史」「○代」という熟語になるのですが、何という字が入るのかわかりますか?

【答え】 歴

それぞれ「学歴」「経歴」「歴史」「歴代」となります。

「歴」は「レキ」「へ(る)」と読み、「つぎつぎに」や「めぐる」、「はっきりした」といった意味があります。「歴」という言葉は過去のことに対して使わることが多く、意味から想像すると、未来やいま現在の瞬間を表す言葉で使用している印象がないのも納得します。

似たような意味の文字に「暦(レキ)」があります。こちらは「こよみ」と読むように日付やカレンダーを表すため、「学暦」や「経暦」とは書きません。

知らないと読むのは無理!?「橿原市」は何て読むの?

全国の自治体や地名から、地元の人でないとちょっと読むのは難しいと思われる名称を集めた難読漢字が2問目です。

知らないと読むのは無理!?「橿原市」は何て読むの?

今回は「橿原市」の読み方に挑戦しましょう。この名称は比較的耳にすることがある、あるジャンルでは非常に有名なまちです。とはいえ、「橿」という文字は、このまちの名前以外で見る機会はほぼ皆無に近い気がします。何と読むか知っていますか?

【答え】 かしはらし

「橿」はそのまま「かし」と読み、ブナ科の植物のこと。しかし、日常的に樹木の「カシ」で使う漢字は「樫」が多く、「橿」はなじみがないようです。カシは「木」へんに「堅」と書くように丈夫な木材で、ハンマーや以前は武器にも使用されていました。

「橿原市」は奈良県のほぼ中央に位置するまち。このまちは、日本で最初の都城である「藤原京」のあった場所として知られ、現在も遺跡の発見があり、古い土地を再開発しようとしたら土器が出土して工事が中断したというニュースが流れています。

まとめ

全問正解はできたでしょうか?今回の難読地名は近畿地方からの出題でした。次回はあなたは普通に読めても、他県の人には読めない地名が登場するかもしれません。

脳の活性化が期待できて気分転換も図れる脳トレでまたお会いしましょう♪