【1分脳トレ】どこかおかしい!?「大義名文」の間違いはどこ?

そのた

【1分脳トレ】どこかおかしい!?「大義名文」の間違いはどこ?

脳トレにぴったりな問題を用意しました。どれも1分くらいの時間で解けるものばかり。共通の漢字を考えたり、間違った字を探したり、はたまた計算など、さまざまな問題が全部で5つ。ちょっとした息抜きをかねて、全問正解を目指し挑戦してくださいね♪

1問につき考える時間を1分とすると、より脳の活性化につながりますよ!

どこかおかしい!?「大義名文」の間違いはどこ?

まずは四字熟語の間違いを探してください。

どこかおかしい!?「大義名文」の間違いはどこ?

ある行動に対する根拠として使われることの多い言葉「たいぎめいぶん」。「大義名文」と書くと間違っているのですが、間違っている漢字はどこですか?







【答え】 大義名

もとは儒学の思想家・孔子が、主君に対する忠誠を重んじる意味として用いた言葉。現在では本来の意味だけでなく、正当化するための口実のような使われ方もするようになっています。

「門○、井○、○板、○籍」○に共通する漢字は?

次は試行錯誤を繰り返す問題です。

「門○、井○、○板、○籍」○に共通する漢字は?

4つの漢字「門、井、板、籍」が十字に配置されています。真ん中には空いたマスがあり、ここに漢字を1文字入れると2文字の熟語が完成します。何という漢字を入れればいいのでしょうか?

この問題の考え方は、どれでもいいので適当な熟語を考え、その漢字がほかの文字と組み合わせると熟語になるのか。これを繰り返していくことです。正解は小学校の低学年で習う漢字ですよ♪







 

【答え】 戸

「門戸」「井戸」「戸板」「戸籍」になります。「井」を使った熟語があまり多くなさそうという点に着目すると、答えがすぐひらめいたかもしれませんね。

「8□4□2=10」の□に+-×÷を入れて10を作ろう

暗算をパスしてきた人にはちょっと厄介かもしれませんが、ぜひ挑戦してほしい問題。

「8□4□2=10」の□に+-×÷を入れて10を作ろう

算数ドリルなどにあった、虫食い算をアレンジしていますが、数字ではなく計算記号を入れて式を完成させましょう。「+」「-」「×」「÷」を式の中にある□に入れて、答えが10になるようにしてください。ただし、記号は1回しか使えません!
この問題には答えがふたつあります。どちらも答えられますか?







【答え】 8+4-2=10 と 8+4÷2=10

「8+4-2」はすぐに考えが浮かんだと思います。もうひとつの「8+4÷2」は「8+(4÷2)」と同じ意味ですから「8+2」で10になります。四則演算では、( )でくくられていなくても×と÷は先に計算するというルールを覚えていましたか?

二字熟語を作ったらどの漢字が余る?

4問目は脳トレの王道ともいえるパズルです。

二字熟語を作ったらどの漢字が余る?

縦横3マスの中に漢字があります。縦または横の隣の文字と組み合わせて2文字の熟語を作った場合、1文字余りが出ます。その文字がどれになるかわかりますか?

文字は左から右へ、上から下へと読み、この逆の読み方や3文字使うのはNGですよ。







二字熟語を作ったらどの漢字が余る?

【答え】 張

この問題は冬を連想させる言葉を多く選んでみました。できるのは「粉雪」「越冬」「白鳥」「飛来」の4つで、「張」が余ります。「冬鳥」という言葉もありますが、「越張」という言葉がないうえ、「白」も含めた3文字が余ってしまいます。

「許嫁」の読み方を知っている?

最後はテレビでもおなじみの難読漢字で締めくくりましょう。

「許嫁」の読み方を知っている?

「許嫁」の読み方を知っていますか?その言葉は漢字では書かないというものではなく、逆にひらがなでは書かない言葉です。
ちょっといまの時代では使わないかもしれませんが、ほとんどの人が知っている言葉。意味と字がぴったり合っています。







【答え】 いいなずけ

小さい時に双方の親が合意の上で結婚の約束をすること、もしくは約束した人。本人の意思を無視しているという点でいえば、現在ではほとんど見かけることはないものの、婚約者・フィアンセと考えれば解釈の幅は広がります。

まとめ

5問の正解率はどれくらいでしたか?

不正解でも一生懸命考えることが脳トレの大切なところ。次回もお楽しみに!