• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

ドライヤーで汗かかない!たった3つのポイントで「夏のヘアドライ」が快適に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリア・生活雑貨

ドライヤーで汗かかない!たった3つのポイントで「夏のヘアドライ」が快適に!

暑い夏には「せっかくお風呂に入ってさっぱりしたのに、ドライヤーで髪を乾かすとあっという間に汗をかいてお風呂に入った意味がなくなる」「汗をかくから髪が中々乾かない」という悩みを持つ女性が多いと思います。

できることなら、夏でも汗をかかずにドライヤーを使いたいですよね。

そこでこの記事では、暑い夏でも汗をなるべくかかずにドライヤーで髪を乾かすためのポイントをご紹介します!

誰でも超簡単!汗をかかずに髪を乾かすポイント

【ポイントその1】お湯は体温に近い温度に設定する

シャワー

人間の体には体温を36度~37度の状態をキープしようとする特徴があり、それよりも体温が上がると汗を出して下げようとします。

そのため、夏場の入浴、シャワーの温度は体温よりも暑すぎない37度~38度に設定すると、入浴後に汗をかきにくくなります!

また、温度が上がった浴室で体を拭いてる間にも汗をかきやすいので、入浴後は浴室の壁にシャワーで冷水をかけて室内温度を下げると◎。涼しくなるうえに、高湿度によって発生するカビの予防にもなるのでおすすめです!

【ポイントその2】広い場所で乾かす

ドライヤー

脱衣所、洗面所で髪を乾かす方が多いと思いますが、夏場はNG!

狭くて密閉されているので、髪から蒸発した水分による湿気、ドライヤーから出る熱風が狭い空間にこもって体感温度がグッと上がってしまいます。その結果、せっかくお風呂に入ったのに汗をかいてしまいますし、乾かすそばから髪が汗の水分を吸って中々乾かし終わらないという悪循環に…。

ドライヤーは広さのある部屋で使用しましょう!湿気や熱がこもらず空気が循環するので、周りの温度と湿度の上昇によって汗をかくことを防げます。どうしても脱衣所、洗面所で乾かしたいという方は、ちょっとした場所における卓上扇風機や卓上クーラーを使用すると良いですよ♪

【ポイントその3】プラスで扇風機を使う

扇風機

熱風を受けた髪は熱を持ち続けます。他の場所を乾かしている時、既に乾かし終わった部分がずっと熱を持っていることによって汗をかいてしまうのです。

部分的に分けて乾かす場合は、次の場所を乾かし始める前にしっかり冷風を当ててクールダウンさせましょう!

「そんなこと何度も繰り返すのは面倒!」という方には、扇風機やサーキュレーターの風にあたりながらドライヤーを使うのがおすすめ!熱風を当てて乾かしながら髪が持つ熱を冷ますことができるので、汗をかきにくいうえに時短にもなりますよ♪

おわりに

いかがでしたか?

ご紹介したポイントを抑えてドライヤーを使えば、お風呂上りに汗をかきにくくなります!

少しの工夫で夏場のドライヤーの使用が快適になるので、ぜひ実践してみてくださいね♪