• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

ペットの消臭対策|犬・猫用におすすめ人気の消臭剤6選

このエントリーをはてなブックマークに追加

そのた

ペットの消臭対策|犬・猫用におすすめ人気の消臭剤6選

ペットを飼っている家の悩みとして多いのが、部屋に染み付く臭いの問題です。

特に、室内飼いの犬や猫は家中を自由に歩き回ったり寝転んだりするため、部屋に臭いが残りやすくなります。

シャンプーの頻度を増やしたり、部屋をこまめに掃除したりと手を尽くしても、頑固なペット臭はなかなか消えてくれないものです。

そんなときに役立つおすすめのアイテムが「ペット用消臭剤」です。
ペット用消臭剤を使用することで、部屋に付いたペット臭を簡単に軽減させることができます。

今回は「ペットの臭い消しをする方法が知りたい」「なるべく安全な消臭剤が欲しい」という飼い主さんに向けて、犬と猫用の消臭剤の種類や選び方、おすすめの商品をご紹介していきます。

ペット用消臭剤にはどんな種類があるの?

ペット用消臭剤にはさまざまな種類がありますが、代表的なのは「置き型タイプ」「スプレータイプ」の2種類です。

それぞれにどのような特徴があるのかを知り、自分の家に合ったペット用消臭剤を選びましょう。

置き型タイプ

置き型タイプ

置き型タイプの消臭剤は、部屋玄関トイレなどに置いておくだけで、手軽に消臭ができることが特徴です。

即効性はありませんが、消臭力持続するため、いつでもペット臭を吸収・消臭してくれます。

部屋にこもりやすいペット特有の臭いも軽減してくれるので、急な来客があっても安心です。

また、商品によってはインテリアとしても活用できるので、消臭しながら部屋をおしゃれな空間にすることができます。

ただ、まれにペットが誤って口にしてしまうことがあるので、置き場所には注意が必要です。

 

スプレータイプ

スプレータイプ

スプレータイプの消臭剤は、臭いを感じたときにシュッと吹きかけるだけで、すぐに消臭できることが特徴です。

持続性はありませんが、臭いを素早く軽減させられる即効性と、どこへでも持ち運びできることが魅力といえます。
ペットとお出かけするときは他人と触れ合う機会も多いので、消臭スプレーを1つ持っておくと安心できます。

特に、ペットと車で外出する際などは、車内に残った臭いをすぐに消すことができるので便利です。

使用する際は、ペットが舐めたり吸い込んだりしても問題がないか、成分をよく確認しましょう。

 

ペット消臭剤の選び方

ペット用消臭剤を選ぶときは、ペットの安全性を考慮することが何よりも大切です。

万が一使い方を誤ると、ペットを危険な目に合わせてしまうこともあります。

そうならないためにも、購入前に選び方のポイントをしっかりとチェックしておきましょう。

使用するシーンや場所、原因によって使い分ける

ペットと女性

置き型タイプとスプレータイプは、使うシーンや臭いの原因によって使い分けるのがよいでしょう。

日常的に使用したい場合や、部屋全体に染み付いたペット臭を取りたいときは、置き型の消臭剤を選ぶのがおすすめです。
置き型の消臭剤は、一度置いてしまえばあとは何もしなくていい手軽さが魅力でしょう。

ペットの体臭が強い場合でも、持続して臭いを軽減してくれます。
持続期間は商品によって異なりますが、1〜3ヶ月ほど消臭効果が続くものが多いため、頻繁に交換する手間もかかりません。

家具や布製品に染み付いた臭いを取りたいときにも最適です。

家の中だけではなく外出時にも使用したい場合や、トイレの臭いを瞬時に消したいときなどは、消臭スプレーが活躍してくれます。
消臭スプレーは持ち運びがしやすいので、外出先でペット臭を消したいときに便利です。

また、ソファやカーペット、カーテンなどの布製品に直接吹きかけることができるので、しつこい臭いをすぐに軽減させることができます。

ペットの臭いは、飼い主よりも他人の方が敏感に感じやすいので、来客前の部屋に吹きかけたり、他人を車に乗せたりする前などに使用するとよいでしょう。

安全性が高いかどうか

ペットと子ども

市販されている消臭剤の多くには化学物質が含まれており、中には人やペットに悪影響を及ぼす成分が含まれている場合があります。

たとえ「ペット用品に使用可能」と記載があったとしても、実際には犬や猫にとって刺激が強いこともあるので、購入前に成分をしっかりと確認する必要があります。

一般的な消臭剤に含まれている除菌・殺菌成分は「次亜塩素酸ナトリウム」で、この成分はプールの水浴場下水などの除菌にも利用されているものです。

人が口にする生野菜や果物を除菌する際にも使用されてはいますが、強力な成分のため、ペットが舐めてしまうと危険です。
ペットの安全性を重視するのであれば、危険な化学物質が含まれている消臭剤は避けたほうがよいでしょう。

なるべく安全性の高い消臭剤を選ぶには、病院保育園動物病院などの医療・教育機関で使用されている消臭剤を参考にするのがおすすめです。
病院などで使用されている消臭剤は、非刺激・無刺激で除菌効果が高いものが多く、安全性がしっかりと確認されています。

ただ、人やペットによっては成分が合わない場合もあるので、事前に会社のHPで成分のチェックをしてから購入するようにしましょう。

香りの度合い

パンを欲しがる柴犬

香料が入っている消臭剤は、ペット臭を抑えて部屋を爽やかな香りにすることができます。

しかし、人にとってはいい香りに感じられる消臭剤も、嗅覚が鋭い犬や猫にとっては刺激が強すぎる場合があるのです。

猫の嗅覚は人間の約1万〜10万倍犬の嗅覚約100万〜1億倍もの能力を持つといわれており、匂いを受け取る鼻粘膜の表面積も広いという特徴があります。

どんな小さな匂いにも反応する敏感な嗅覚を持っているので、香りの強い消臭剤は避けたほうがよいでしょう。

特に、はリモネンなどが含まれている柑橘系の匂いを嗅いだり舐めたりすると、中毒を引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

人には問題がない香りでも、犬や猫にとっては危険な場合がありますし、個体差によってそれぞれ苦手な香りがあるかもしれません。

このように、香料が入っている消臭剤はペットのストレスになるだけではなく、健康に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

また、香りのきつい消臭剤を使用すると、ペット臭と混ざってさらに不快な臭いになってしまうことも考えられます。
そのため、ペット用消臭剤を購入する際は、なるべく香りが控えめなものか、無香料のものを選ぶようにしましょう。

種類別!ペット消臭剤おすすめ【置き型タイプ】

ここからは、おすすめのペット用消臭剤を種類別にご紹介していきます。

まずは、置き型タイプのペット用消臭剤から見ていきましょう。

竹炭のみで作られた100%天然素材の消臭剤

「MosoNatural Bag・モソバッグ200g」

「MosoNatural Bag・モソバッグ200g」

こちらは、最高級のモウソウ竹炭のみで作られている、100%天然素材の消臭剤。

化学物質無使用・無香料・無毒性と安全性が高く、自然の力で消臭・脱臭・調湿を行うため、ペットに優しい消臭剤となっています。

MosoNaturalのモウソウ竹炭は、中国に生息する高品質な竹から作られており、バクテリアや有害な汚染物質、アレルギー源も吸収する優れた商品です。

竹炭はおしゃれな麻生地の袋に包まれているので、インテリアとしても活躍してくれます。

左上隅には吊り下げ用のリングが取り付けられており、置くだけではなく吊るして使用することも可能です。

さらに、最大で2年間消臭効果が続くので、こまめに買い換える必要がなく、コスパも抜群。

また、使用し終わった竹炭はゴミとして捨てずに、土に撒いて自然に還すこともできます。
人やペットだけではなく、環境にも優しい消臭剤なので、エコ活動に関心のある方にもおすすめの商品です。

 

ペットが舐めても安心!

「(株)カーメイト ドクターデオペット 置き型部屋用 130g」

「(株)カーメイト ドクターデオペット 置き型部屋用130g」

除菌・消臭成分に「安定化二酸化塩素」を採用した、安全性の高い除菌・消臭剤です。
安定化二酸化塩素は、アメリカ環境保護庁やアメリカ食品薬品局、世界保健機構(WHO)から安全性や殺菌消毒性、脱臭性能、防腐などの効果が認められています。
そのため、消臭剤に多く使われている次亜塩素酸ナトリウムよりも安心して使うことができる成分といえるでしょう。

こちらの商品は無香料タイプなので、香りでごまかすことなく、部屋のペット臭をしっかりと消臭することが可能です。

また、ペットが誤って舐めてしまった場合でも害がないため、安心して部屋に置くことができます。
好奇心が旺盛な子や、子犬・子猫がいる家にはぴったりといえるでしょう。

部屋の大きさによって開口部を調節することができるので、どんな場所でも使いやすいということもポイントです。

 

消臭&防虫のダブル効果が嬉しい!

「ナンビ ベチバー for pet 置き型タイプ 20g」

「ナンビ ベチバー for pet 置き型タイプ 20g」

こちらは、ベチバーという植物のみで作られた、天然植物成分100%の自然派虫よけ消臭剤です。
ベチバーは東南アジア原産のイネ科の植物で、高い消臭・防虫能力を持つことが特徴。
ベチバー根は、腐敗した魚などから放散される「トリメチルアミン」や、汗や尿に含まれる「アンモニア」、シックハウス症候群の原因ともいわれている「ホルムアルデヒド」など、さまざまな臭いに対して消臭効果を発揮します。

また、こちらのベチバー根製品は安全性が科学的に実証されており、財団法人・化学物質評価研究機構(CERI)による試験結果では、有害化学物質とされる15物質がすべて不検出という結果だったようです。

このように商品の安全性をしっかりと確認できれば、飼い主も安心してペットに使用することができるでしょう。

部屋に染み付いたペットの臭いを取り除きつつ、ノミやダニなどの害虫からペットを守ってくれるメリットもあり、「ペットに直接虫よけスプレーをするのは抵抗がある」という方にもおすすめの商品です。

消臭効果は3ヶ月間持続するので、長く使用することができます。

 

 

種類別!ペット消臭剤おすすめ【スプレータイプ】

続いて、スプレータイプのおすすめペット用消臭剤をご紹介していきます。

安全性の高い商品を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

トイレの臭いも強力消臭!

「アイリスオーヤマ PSS-400 ペット用消臭剤 400ml」

「アイリスオーヤマ PSS-400 ペット用消臭剤 400ml」

植物由来成分(柿タンニン・さとうきび)で作られた、無香料のペット用消臭剤です。

食品添加物由来の消臭・除菌成分が、ペット臭をしっかりと強力消臭します。

成分に含まれている「柿タンニン」は、柿渋の主成分であるポリフェノールの一種です。
柿タンニンは高い消臭効果を持ち、ポリフェノールの還元反応によって、悪臭を元から絶つことができます。

また、さとうきびにも悪臭を中和・分解する効果があるので、症状効果によってさらにペット臭を軽減させられます。

自然の成分を使用した消臭剤のため、スプレー後すぐにペットが触れたり舐めたりしても問題ありません。

価格が安く、詰め替え用も付いているので、ソファやカーペットなどの広い範囲にも遠慮なく使うことができます。

 

ペットと環境に優しい消臭剤

「ビッグバイオ ニオイのち晴れ ペット用スプレータイプ 250ml」

「ビッグバイオ ニオイのち晴れ ペット用スプレータイプ 250ml」

ビッグバイオ独自の微生物であるBB菌(ビッグバイオ・バチルス菌)の働きにより、気になるペット臭を分解・除去する消臭剤です。
BB菌とは、バチルス菌を種とした有用微生物群のことを指し、悪臭を抑える効果や、カビ・ヌメリ処理、尿石分解などの働きがあることが特徴です。

ペットの尿の臭いや、タバコ臭、体臭などを元から分解・消臭することができます。

化学薬品などを使用していないため、ペットが触れても無害で安心。

シンプルでスリムなボトルなので、持ち運びにも最適です。

ペットのトイレ臭が気になる方や、多様な効果を感じたい方におすすめの消臭剤です。

 

ペット臭を99%シャットアウト!

「ペティオハッピークリーン 犬のニオイ消臭&除菌 500ml」

「ペティオハッピークリーン 犬のニオイ消臭&除菌 500ml」

こちらの商品は、植物生まれの緑茶エキスとフィトンチッドの成分で、ペットの気になる臭いを消臭・除菌する、スプレータイプのペット用消臭剤です。

着色剤や芳香剤を使用していないため、安心してペット用品に使うことができます。

また、消臭&除菌のダブル効果により、ペットのトイレ臭を強力に抑えることが可能です。

部屋にこもりがちなペット臭を99%シャットアウトし、いつでも快適な空間で過ごすことができます。

価格が安く内容量も多いので、消臭剤を頻繁に使用する方におすすめです。

 

まとめ

部屋に染み付いたペットの臭いも、ペット用消臭剤を使用することで簡単に軽減させることができます。

ご紹介してきた商品のように、ペットの安全性を考慮した消臭剤も多く販売されているので、ペットの健康を守りつつ消臭をすることも可能です。

ペット用消臭剤を上手く活用し、飼い主さんもペットも快適に過ごせる環境を作りましょう。