捨てないで!ペットボトルのフタは「毎日キッチンで大活躍」する神グッズだった!

グルメ・スイーツ

捨てないで!ペットボトルのフタは「毎日キッチンで大活躍」する神グッズだった!

いつも捨てているペットボトルのキャップ。捨てる以外どうしようもないと思っている方が多いようですが、実はキッチンで大活躍する便利アイテムなんです!

この記事では、「キャップの便利な活用術」を伝授しちゃいます!

キャップが計量スプーンに!覚えて損なしの「活用術」

計量スプーン

料理をするとき、計量スプーンを出したり洗って片付けるのは意外と面倒。また、「計量スプーンはないけれど、試したいレシピがある…。」ということもあるかと思います。

そんなときは、ペットボトルのキャップを使ってみてください♪「大さじ」「小さじ」どちらもはかれます!

◆大さじ1=キャップ2杯分!

計量

ペットボトルのキャップは、約7.5㏄の量を入れることができます。そして、大さじ1は15㏄なので、比較してみると…

  • キャップ1杯=7.5㏄
  • 大さじ1=15㏄

「キャップ2杯=大さじ1」ということが分かります!ちなみに「キャップ1杯=大さじ1/2」ということにもなるので、計量スプーンでは中々はかりにくい「大さじ1/2」の軽量もラクラクできちゃいます♪

◆小さじ1=キャップ内のいちばん上の線まで!

計量

小さじ1をはかりたいときは、キャップを閉めておくための線状の突起に注目!(画像の赤線)

「キャップのいちばん上の線=小さじ1」となります♪

【キャップで計量するメリット】

ペットボトルのキャップ

キャップを計量スプーンの代用品にするメリットは、計量スプーンがないときに助かることだけではありません!

  • 使ったら捨てればOK!洗いものが減る
  • 使い捨てだから後片付けも不要!
  • 「大さじ1/2」が簡単にはかれる
  • 計量スプーンがなくてもレシピ通りの調理ができる
  • キャンプ、バーベキューでも使える

いつも捨てていたキャップは、まさに毎日の料理にとっても役立つ便利アイテムと言えますね♪ペットボトル飲料をよく飲む方は、ぜひ試してみてください。

捨てたらもったいない!再利用できるアイテム2選

ペットボトルのキャップのほかにも、「実は捨てるともったいない!」というアイテムはたくさんあります。ここからは、いつも捨てているものを再利用できる便利な活用術をピックアップ!

「コーヒーかす」は消臭力バツグン!活性炭の約5倍?!

コーヒー

コーヒーを淹れたときに出る「コーヒーかす」は、消臭アイテムとして有名な「活性炭」の約2倍~5倍の脱臭力が期待できると言われています。つまり、捨ててしまうのはかなりもったいない…!

紙フィルターごと消臭剤にできる活用法をご紹介しているので、要チェックです♪

「使い捨てカイロ」は家のあちこちで活躍する便利アイテムだった?!

カイロ

使い終わったら捨てるしかないと思われている「使い捨てカイロ」ですが、実はそのまま丸ごと再利用できちゃうんです!

家の色々なところで活躍するので、よくカイロを使う方は知っていて損なしですよ…♪

「ちょっとした隙間」でペットボトルがストックできる!

ペットボトル飲料をまとめ買いする方の中には、置き場所に困っている方も多いはず。そんなときは、わずかな隙間でたっぷりストックできる、スリムストッカーを使うのがおすすめです♪

幅わずか10.5cm!キャスター付きストッカー『スマートワゴン Fit』

ストッカー

幅がわずか10.5cmのスリムなストッカー。500ml、1.5Lのペットボトルはもちろん、ビール缶や調味料など様々なものをたっぷりストックしておけます!

キャスターが付いていて出し入れもラクラク♪お家にもったいない隙間がある方は、ぜひ試してみてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?

いつも捨てているペットボトルのキャップが、実は計量スプーンになるなんてとっても便利…!

  • キャップ1杯=大さじ1/2
  • キャップ2杯=大さじ1
  • キャップ内の一番上の線=小さじ1

この3つをぜひ覚えて、毎日の料理に役立ててくださいね♪

水・ソフトドリンク特集