気付かず「虫」食べてるかも?!正しいブロッコリーの洗い方で【虫&汚れ】撃退!

インテリア・生活雑貨

気付かず「虫」食べてるかも?!正しいブロッコリーの洗い方で【虫&汚れ】撃退!

サラダやお弁当のおかずに使うことが多いブロッコリー。皆さんは普段どんな風に洗っていますか?流水にさらして洗っている方が多いと思いますが、実はその方法では蕾部分に潜む虫や汚れが落とせていない可能性も…!

そこでこの記事では、蕾に潜んだ虫や汚れをしっかり落とせる「ブロッコリーの正しい洗い方」をご紹介します!

虫や汚れをしっかり落とす!超簡単「ブロッコリーの正しい洗い方」

ブロッコリー

ブロッコリーは、蕾が密集していて流水で洗い流すだけでは不十分な場合が多いです。「今まで気付かず虫を食べてたかもしれないの…?!」と恐ろしくなった方は、これからは次の方法で洗ってみてください!

【手順】

ポリ袋

(1)余分な茎や葉を切り取り、蕾が下になるようにポリ袋に入れる

※袋に穴をあけそうな尖った茎は、しっかり取り除く

(2)蕾が浸かる程度まで水を入れ、袋の口を結び15分待つ

(3)約15分後、袋を振って汚れを浮かせる

これだけでOK!袋に入れて放置するだけなので、手間もかからずラクチンですね。一口サイズに切ってから水に浸すと栄養が抜けていってしまう場合もあるので、なるべく丸ごと洗うのがおすすめです。ぜひ試してみてください♪

野菜室に入れるだけ!野菜の鮮度が長持ちする便利グッズ

野菜

ブロッコリーは冷蔵保存したとしても3~4日程度しか日持ちせず、油断して食べられなくなってしまった経験もあるかと思います。そこでここからは、ブロッコリーの寿命を延ばせる便利グッズをご紹介します!

鮮度保持エッグ

こちらの可愛い卵の形をしたアイテムは、野菜室に入れておくだけで野菜や果物の鮮度を長持ちさせてくれる優れもの!野菜の劣化の原因の一つである「エチレンガス」を吸着し分解してくれるので、ブロッコリーだけでなく、傷みやすいレタスやキャベツなどの葉物野菜も長持ちさせてくれます♪

野菜に何かをする必要はなく、ただ一緒に入れておくだけでOKなんてとってもラクチンで嬉しいですね!効果はたっぷり4か月続きます。

鮮度保持エッグ

実際に試してみた方からは、「1週間たってもブロッコリーが購入時と変わらないくらい新鮮でびっくり!」と、その効果に驚く声が…♪これがあれば、特売の日に買いだめしても安心ですし、ついうっかり消費を忘れても大丈夫そうですよね。

鮮度保持エッグ

カラーは「アイボリー」「ピンク」「グリーン」の3種類。2個セットになっているので、野菜室用と常温保存している玉ねぎやジャガイモ用と分けて使うのも◎!もちろん、野菜室に2個同時に入れるとより効果アリです。

おわりに

いかがでしたか?

ブロッコリーの正しい洗い方と、野菜室にINするだけで野菜の寿命を延ばしてくれる便利グッズをご紹介しました!流水で洗い流すだけでは虫や汚れが十分に落ちていない可能性があるので、気になる方はぜひ試してみてくださいね。

 

キッチングッズ特集