【1分脳トレ】「明○」「○記」など4つの言葉に共通する漢字は?

そのた

【1分脳トレ】「明○」「○記」など4つの言葉に共通する漢字は?

今回は共通漢字探しや面積など複数ジャンルの問題を3問集めてみました。どれも1分程度で解ける難易度になっています。脳トレ効果を上げるなら、制限時間内クリアを目指してください。

「明○」「○記」など共通する漢字を見つけよう!

第1問は、共通する漢字を考える虫食い漢字クイズに挑戦してください。

「明○」「○記」など共通する漢字を見つけよう!

今回の問題は「毎○、明○、○時、○記」に共通する字です。言葉、漢字ともにちょっとこの問題は簡単すぎたかもしれません。思いついた言葉をどんどん入れて正解を見つけてください。

【答え】 日

中央の空いたマスに「日」を入れると、「毎日」「明日」「日時」「日記」となります。「毎」に続く言葉は「毎日」「毎朝」「毎晩」あたりがぱっと思い浮かぶため、すぐに答えが出てきたかもしれません。

この問題でもわかるように、「日」はいろいろな読み方があります。「明日」を「あす」と読むのは字よりも意味が優先しているようで、「明後日」も「みょうごにち」と「あさって」、「昨日」は「さくじつ」と「きのう」、「一昨日」は「いっさくじつ」と「おととい」になるなど、ちょっとおもしろい字でもあります。

オラの里が一番!「わかめの収穫量日本一の県は?」

日本全国の都道府県や市区町村の一番となるデータをクイズ形式で楽しみましょう!

わかめの収穫量日本一の県は?

今回の問題は、「わかめの収穫量日本一」の都道府県を答えてください。海のない県の人はがっかりかもしれませんが、地元に有名な漁港がある人は、ひそかに自分のところじゃないかと思っていませんか?

【答え】 岩手県

岩手県公式サイトによると、平成30年のわかめの収穫量が日本で一番多かったのは18,220トンの岩手県。全国シェアの36%が岩手県で採れたそうです。岩手県では県の沿岸部のほぼ全域でわかめの養殖が行われています。

ちなみに2位はお隣の宮城県。16,939トンの収穫量があり、岩手県と合わせるとなんと全国シェアの69%がこの2県で採れていることになります。

3位は6,280トンの徳島県。倍以上の差がありますが、沿岸部の長さがずいぶん違うのでこれは仕方ないかも。徳島県には「鳴門わかめ」のブランドで売り出しているわかめもあり、水産品に恵まれた土地でもあります。

慌てなければ正解できる「9×9-9÷9」の答えは?

3問目は、小学校で習っている計算式を解いてください。

慌てなければ正解できる「9×9-9÷9」の答えは?

9ばかり並んでいてちょっと複雑そうに見える問題も、きちんと計算のルールを守ればそれほど面倒な暗算をしなくても済むようになっています。うっかりミスをしないように、正しい答えを出せますか?

【答え】 80

「+」「-」「×」「÷」を使う計算を四則演算と呼び、「×」と「÷」を先に、「+」「-」は後で計算するというルールをを教わりましたね。この問題を計算の順番がわかりやすいように( )でくくると次のようになります。
(9×9)-(9÷9)
こうなれば計算は簡単。
(9×9)-(9÷9)
=81-1
=80

順番のルールを忘れて文字の並びどおりに計算してしまうと、
81-9÷9 → 72÷9 → 8
に。

間違えずに正解できましたか?

まとめ

雑学、国語、算数と多彩なジャンルを用意した今回の1分脳トレはいかがでしょう?

脳の活性化をしながら気分もリフレッシュしましょう!