靴下は裏返して洗う?そのまま?間違った洗い方は洗濯の意味ほぼナシ?!

インテリア・生活雑貨

靴下は裏返して洗う?そのまま?間違った洗い方は洗濯の意味ほぼナシ?!

皆さんは靴下を洗濯する際、裏表どちらの面を外側にして洗っていますか?

実は靴下には正しい洗濯の仕方が存在します。間違った洗い方をしていると、汚れや臭いがいつまでも残ってしまう可能性が!

そこでこの記事では、靴下の正しい洗濯の仕方をご紹介します!

間違えると洗濯の意味なし?!靴下の正しい洗濯の仕方

靴下

「洗っても洗っても臭いが取れない」「買ってからそんなに時間が経ってないのに毛玉がたくさんできる」などの靴下トラブルの原因は、実は靴下を表のまま洗濯しているのが原因です!

靴下は表と裏で素材が違うことが多く、裏面には化学繊維が使われていることがほとんど。化学繊維は、足裏の皮脂や角質が絡まって取れにくいという特徴があります。

表のまま洗濯すると、この汚れがいつまでも残ってしまうので臭いが落ちにくくなります。

一方裏返してから洗うと、他の洗濯物と擦れて汚れが落ちやすくなり、結果的に臭いの原因を減らすことができるのです。また、化学繊維は毛玉ができにくいので、表のまま洗うよりも毛玉の発生を抑えられるメリットも。

つまり、靴下は裏返して洗うのが正解です!

靴下

実際に試してみた方からは、「洗濯しても臭かった運動部の息子の靴下が、裏返しで洗ってみたら臭くなくなった!」「裏返しで洗うようになってから臭くなりにくくなった」という声が寄せられています!

旦那さんや運動部のお子さんの靴下はもちろん、パンプスやブーツの履きっぱなしでたくさん汗をかいた後のストッキングも、裏返しで洗うと皮脂をしっかり落とすことができて、臭いが気にならなくなるのでお試しあれ♪

おわりに

いかがでしたか?

裏返すか裏返さないかで、臭いの残り方が全然違うなんて驚きですよね。今まで表のまま洗っていた方は、ぜひ今日から裏返して洗濯してみてください!