• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

キャンプするなら冬が狙い目!キャンパーを虜にする「冬キャンプ」の魅力とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ・アウトドア

キャンプするなら冬が狙い目!キャンパーを虜にする「冬キャンプ」の魅力とは

タイトルを見て「寒い冬にキャンプ!?」と思った方がいらっしゃるかもしれません。実際、冬はキャンプのオフシーズンとされていますが、冬キャンプならではの楽しみがたくさんつまっているんです。

今回はこれからの季節にぴったりな冬キャンプの魅力をご紹介していきましょう!

寒い季節だからこそ楽しめる冬キャンプの魅力

キャンプ

寒い季節だからこそ味わえる冬キャンプの魅力には、以下のようなものがあります。どれも自然の中でちょっとぜいたくな時間を味わえるものばかりです!

■自然と星空

冬のキャンプ場は人が少ないうえ、夏だと悩まされがちな虫もいませんので、静かな環境の中で自然を思いっきり堪能できます。また、空気が冷たく澄んでいるため、他の季節よりもきれいな星空を見られるのも魅力のひとつ!

■雪遊び

雪があれば雪合戦をしたり、雪だるまを作ったりできるのも冬キャンプならでは。スキーをはじめ、スノーボードやスノーハイキングなどのアクティビティを楽しむのにも冬キャンプはもってこいです。

■焚き火やストーブ

焚き火やキャンプストーブを使い、ゆったりとした時間の中で暖を取るのも冬キャンプの醍醐味!ただし、テント内での火器の使用は一酸化炭素中毒を起こす可能性があるので十分に注意してください。

■暖かい食事

冬は食材が痛みづらいので、さまざまなものを料理に使える季節でもあります。みなさんで食材を持ち寄って鍋物をすれば、暖も取れて一挙両得!

冬キャンプの必需品あれこれ

キャンプ

寒い季節の冬キャンプだからこそ防寒対策をしっかり行うことが大切!これを忘れると寒さに凍えることになるので注意してください。

■テント

寒さに耐えられる防寒性のテントは冬キャンプに必須!フルクローズできる2ルームタイプ、ひとつのテントの中でさまざまなことができるワンポールタイプなどがオススメです。

■ストーブ

屋外で使うことを想定して、ストーブは耐久性の高いものにしましょう。耐久性のあるストーブであれば、雪や冷気の中でも安心して使えます。

■シュラフ

シュラフは布団を合わせたような封筒型よりもマミー型(人型)が最適!マミー型は密閉率が高く、体だけでなく頭まですっぽりと包んでくれるので、暖かさを感じたまま寝られて便利です。

■コット

地面からの冷気を防ぐには、キャンプ用ベッドのコットが役立ちます。もしグランドシートがないタイプのテントであれば、地面にグランドシートを敷いたうえで断熱性の高いマットを載せたコットを置き、コットのうえにシュラフを載せましょう。

■カイロ

手軽な防寒グッズとしておすすめなのが携帯カイロです。ただし、長時間使用すると低温火傷を起こすこともあるので、使い方には注意してください。

おすすめテントで冬キャンプに挑戦!

Preself テント ワンポールテント 2-3人用 換気窓あり テント内料理・焚火可

「Preself テント ワンポールテント 2-3人用 換気窓あり テント内料理・焚火可」

こちらのワンポールタイプのテントは防水と防風性能に優れ、設営も簡単!高さは最高160㎝で内部も広く、大人2人ならば広々としたスペースを確保できます。

さらに、こちらのワンポールテントの魅力は結露対策や通気性確保のための換気窓があること!この部分はシリコン製の防火素材で作られていて、煙突窓としても使用できるため、テント内で料理をしたり暖を取ったりする時に役立ちます。

テントの重さは約1.7㎏で、コンパクトに収納できるので持ち運びもラクラク!冬キャンプのお供にいかがですか?

 

おわりに

これからの季節、冬キャンプはまさに格好のレジャーです!澄みわたる空気の中で優雅な冬キャンプを楽しんでみませんか?