• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

夏のぐったりや頭痛は「寒暖差疲労」のせい?!意外と知らない5つの簡単予防法

このエントリーをはてなブックマークに追加

美容・健康

夏のぐったりや頭痛は「寒暖差疲労」のせい?!意外と知らない5つの簡単予防法

クーラーが効いた部屋と30度を超えた暑い屋外を行き来することが多い夏。

寒暖差は体に良くないと聞いたことがある方は多いと思いますが、具体的にどんな症状が起こるのか、どのような予防をすれば良いのかを知っている方は意外と少ないはず。

そこでこの記事では、これからの季節に知っておきたい「寒暖差疲労」についてご紹介します。原因や症状、予防法を簡単にご紹介するので、ぜひチェックしてみてください!

【寒暖差疲労って?】寒暖差によって起こる疲労のこと

私たちの体内では、自律神経が体温を一定に保つための調節をしてくれています。しかし、夏によくやりがちな「クーラーが効いた部屋と暑い屋外の行き来」を繰り返すと、自律神経によるエネルギー消費が活発になり、疲労を引き起こしてしまいます。これが「寒暖差疲労」です。

具体的には、前日との温度差や、屋外と室内の温度差が7度以上あると寒暖差疲労を引き起こしやすいので注意が必要です。

【どんな症状が出るの?】疲労感や体のこり、イライラなど

寒暖差疲労の具体的な症状は「全身の倦怠感(けんたいかん)」「頭痛」「肩・首のこり」「冷え性」「イライラ」などです。

体と心のどちらにも不調があらわれるので、夏を元気に過ごしたい方はしっかり対策を取ることをおすすめします!

【予防法は?】骨格のゆがみを整える・寒暖差をやわらげる

寒暖差疲労は、「自律神経の乱れを整える薬を飲んで寒暖差に気を付けていれば改善される」と思われがちですが、実はそうはいかない場合もあります。

体温調節の役割を担う「自律神経」は背骨の中の「脊髄(せきずい)」を通って全身の器官に繋がっています。つまり、背骨がゆがんでいると自律神経の働きを鈍らせ、寒暖差疲労を引き起こす原因になってしまいます。

また、PCやスマホを前かがみで長時間操作することで肺が圧迫され、呼吸が浅く短くなることで酸素が全身にいきわたりにくくなるのも、寒暖差疲労を引き起こす原因の1つとも言えます。

つまり、寒暖差疲労を予防するには、寒暖差をやわらげるだけでなく骨格のゆがみを整えることも重要なのです!具体的には次の5つのポイントを抑えておくと◎

『ポイントその1:姿勢を正す』

デスクワーク

初歩的なことですが、座っている時、立っている時の姿勢をなるべく正すように心がけるだけでも、寒暖差疲労になりにくい体を目指せます。特に在宅ワークをしている方は、周りの目を気にする必要がないので、体をゆがめた楽な姿勢で長時間作業をしていたりしませんか?猫背になりすぎていないか、左右どちらかにゆがんでいないかを意識するようにしてください!

「意識してるつもりでも気づいたら猫背に!」「集中するとすぐ片方に重心がいっちゃう」という方は、姿勢矯正ベルトや、正しい姿勢をサポートしてくれるクッションなどを使うのもおすすめです♪

『ポイントその2:定期的に肩や首を動かす』

首こり

デスクワークの方は特に、30分~1時間ごとに1回1~2分間ほど首や肩を回すようにしましょう。長時間スマホで動画を見たりゲームをしたり、SNSをチェックすることが多い方も、首や肩を定期的にほぐすことを心がけてください。

ついつい忘れてしまうという方には、つけているだけで肩や首のコリを癒すお手伝いをしてくれる「磁器アクセサリー」がおすすめ!

『ポイントその3:冷房が効いた屋内では上着を羽織る』

女性

寒暖差を縮めるために、冷房が効いた部屋、オフィス、店内や電車内などでは薄手の上着を羽織るようにしましょう。暑い夏でも着やすい、接触冷感素材でひんやり気持ちいい長袖カーディガンがおすすめです!

『ポイントその4:冷房の設定温度を下げすぎない』

クーラー

暑い外から帰ってきた時にやりがちなのが、冷房の温度をうんと下げて短時間で部屋を涼しくしようとする行為。まさに寒暖差疲労の原因になので控えましょう。設定した温度を保つよう、オートで風の量を調節してくれる自動モードに設定するのもおすすめです!

『ポイントその5:冷たい飲み物をなるべく控える』

水

暑い日は氷でキンキンに冷やした飲み物を一気飲みしたい気分になる方も多いと思いますが、寒暖差疲労を予防したいのであればなるべく控えてください。常温や温かい飲み物を選ぶと、寒暖差疲労が起きにくいです。

おわりに

いかがでしたか?

毎年夏にぐったりしたり、肩こりや頭痛、イライラが起こるという方は、もしかすると寒暖差疲労によるものかもしれません。

骨格のゆがみを正すよう意識して生活しただけで症状が改善したという例もありますので、今年の夏はぜひ先ほど挙げたポイントを意識して過ごしてみてください!