• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

【2020年最新】エアコンが置けない部屋におすすめの冷風機&扇風機15選

このエントリーをはてなブックマークに追加

家電・デジタル・カメラ

【2020年最新】エアコンが置けない部屋におすすめの冷風機&扇風機15選

エアコンが使えない場所でも涼しく快適に過ごしたい方におすすめなのが「冷風機」や「冷風扇」、そして定番の「扇風機」。それぞれの違いやメリットを解説していきます。

「扇風機」「冷風機」「冷風扇」の違いとは

「扇風機」「冷風機」「冷風扇」と、名称はどこか似ていますが、それぞれ涼しくする原理が異なります。何がどう異なるのか、それぞれの仕組みと特徴を説明していきます。

風の力で涼感を得る「扇風機」

風の力で涼感を得る「扇風機」

扇風機は、羽根を回して風を起こす機械です。
羽根の数や面積により、風を起こす力が異なるため、羽根の面積が広い方がよりパワーがあり涼しさを感じられるでしょう。

また、最近よく見かける羽根がない扇風機にも、実は見えない部分に羽根や送風機能が内蔵されています。
種類や価格の幅が広いのも扇風機の特徴で、お好みに合わせて選ぶことができます。

クーラーと同じ原理で涼しくなる「冷風機」

クーラーと同じ原理で涼しくなる「冷風機」

冷風機は、クーラーと同じ原理で、取り込んだ空気を冷やして排出することで室内を涼しくしてくれる機械です。
クーラーとの大きな違いは、持ち運びができること。

また、今回挙げた3種類の中では一番涼しさを感じされてくれるのが冷風機です。しかし、取り込んだ熱を外に逃がす必要があるため、締め切った室内での使用は不向きです。
冷風機を使用する際には、排気のできるガレージや倉庫などがおすすめです。

気化熱を利用して冷風を出す「冷風扇」

気化熱を利用して冷風を出す「冷風扇」

冷風扇は、水が蒸発する際に周囲から熱を奪う気化熱という現象を利用して冷たい風を発生させる機械です。夏場に涼を取るために地面に打ち水をするのと原理は同じです。

風を生み出すという点では扇風機と同じですが、冷風扇の方がより冷たい風を生みだしてくれます。
コンパクトな製品が多く、手軽に使用できるのもメリットです。

ただし、冷風扇の構造上、気化熱を利用するために室内の湿度が上がってしまうことにご注意下さい。湿度が上がりすぎると効率が下がるため、適度に換気をしながら使用するのがおすすめです。

▼▼次は扇風機の種類と選び方とおすすめ▼▼