• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

寝袋はどうやって選べばいい?災害時や車中泊などシーン別の選び方を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ・アウトドア

寝袋はどうやって選べばいい?災害時や車中泊などシーン別の選び方を紹介

災害時の備えやキャンプなどのアウトドアにあると便利なのが「寝袋」です。

しかし、種類も形状も豊富にある寝袋は、どう選べばよいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、寝袋を探している方に向けて、寝袋の選び方とおすすめの寝袋を紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

寝袋の選び方の基本を紹介

寝袋

まずは寝袋を選ぶ際のポイントを確認していきましょう!

収納性

日常的に使うものではない寝袋は、収納した際の大きさが重要なポイントです。

できるだけコンパクトで軽量なものを購入したい方は、からだを包み込むように使う「マミー型」がおすすめです。

中綿に軽いダウンを使った寝袋であれば、保温性はもちろん圧縮性にもすぐれています。
たためばコンパクトに収納できるでしょう。

大きさ

大きさは使う人数やシーンなどを考慮して選ぶ必要があります。

1人で使用するのであれば、マミー型でも問題ありませんが、災害時やアウトドアで家族や友達などとシェアして使用するなら、ファスナーの開閉で布団のように使える「封筒型」がおすすめです。

シングル・ダブル・キングサイズなどサイズが豊富で、同じシリーズの商品であれば、ファスナーで連結させ、ひとつの大きな布団としても使えます。

中綿の素材

寝袋で多く使われている中綿は、主にダウンと化繊(ポリエステル)の2種類で、それぞれにメリットとデメリットがあります。

まず、ダウンは収納性や保温性にすぐれ、軽量で使いやすいのが魅力です。
しかし、価格が高い傾向があり、定期的にケアしないとカビが繁殖しやすいというデメリットがあります。

一方の化繊は、耐久性と速乾性があり、お手入れがしやすく、お手軽な価格の商品が多いのが特徴です。
しかし、ダウンよりも収納性や携帯性が劣ります。

2つの素材の特徴をよく把握し、自分が使うシーンに合わせて中綿を選ぶことが大切です。

使用場所と季節

寝袋には「快適使用温度」と「限界使用温度」という保温性の目安があります。

快適使用温度は「これぐらいの温度があれば、快適に使用できる温度」、限界使用温度は「ほかにも防寒対策があれば、なんとか使用できる程度の温度」を表しています。

野外・室内・車中泊など、使用場所に合わせて賢く選びましょう。

また、使うシーズンも重要なポイントです。

夏場だけに使うなら限界使用温度が5~10℃、冬場なら-5℃以下が目安ですが、冷え性の方などは+2~3℃暖かいものを選んだ方が安心です。

さらに災害用の寝袋を購入する場合は、使用する地域の気候に合わせて選びましょう。

災害時や車中泊に使える寝袋の形状は?

寝袋の形状にはマミー型や封筒型などがあり、それぞれに適したシーンがあります。

災害時や車中泊には、どの形状が最適か見ていきましょう!

災害時は人型とマミー型

マミー型寝袋

災害時には洋服を着るように使う「人型」の寝袋がおすすめです。

この寝袋の特徴は、入ったまま、手足を自由に動かせることにあります。

災害時の就寝中になにかあってもそのまま歩いたり、手を外に出して作業がスムーズに行えたりします。

また、災害用として寝袋をストックしておくなら、軽量でコンパクトなマミー型もおすすめです。

保温性が高く、冬の災害時でも安心して使えますよ。

 

車中泊なら封筒型

寝袋封筒型

車中泊を想定して購入するなら、布団のような感覚で使える、封筒型が最適です。

車のシートをリクライニングにして封筒型の寝袋を広げて使えば、ほかのタイプの寝袋よりも寝苦しさが少なく、快適に睡眠がとれるでしょう。

また、封筒型はサイズや素材も豊富なため、車の大きさや家族の人数などに合わせて購入することができます。

保温性やコンパクトさは、マミー型に少々劣りますが、車に収納しておくなら、それほど問題にならないでしょう。

▼▼次はおすすめ寝袋をご紹介▼▼