• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

結婚式のお呼ばれの髪飾り、マナーはあるの?ヘアアクセサリーの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッション・小物

結婚式のお呼ばれの髪飾り、マナーはあるの?ヘアアクセサリーの選び方

結婚式では、服装だけでなく髪飾りにもマナーがあるのでしょうか。
答えはYESです。

ゲストがマナー違反なものをつけていると、招いてくれた主役にも迷惑がかかってしまうかもしれません。

ここからは、結婚式では避けるべき髪飾りとおすすめの髪飾りをご紹介します。

花嫁より目立つのはNG!結婚式にお呼ばれしたときの髪飾りマナー

花嫁髪飾り

結婚式へのお呼ばれとなると、晴れの日にふさわしい上品で華やかな髪飾りを選ぶ必要があります。
しかし、あくまでも結婚式の主役である「花嫁よりも目立たないこと」が前提です。

ここからは、結婚式ではNGである髪飾りを理由も踏まえて解説します。

花モチーフはNG

まず、花モチーフの髪飾りは避けましょう。
結婚式で花を身につけるのは花嫁の特権です。

実際に花をあしらった髪飾りをつけている花嫁も多く、花モチーフの場合デザインが被ってしまう可能性があります。
髪飾りの一部に小さな花がついている程度のもの、ダークな色のものであれば、基本的に目立つことは少ないでしょう。

しかし結婚式では、写真撮影などで主役とゲストとの距離が近づく場面もあるため、花モチーフは基本的には避けたほうが無難です。

ティアラはNG

ティアラも花嫁の代表的な髪飾りです。

アクセサリーショップなどでは、おしゃれ用に小ぶりなティアラが売られていますが、ゲストがつけるのはNGです。

結婚式ではタブーとされている白い服で参列するのと同じくらい非常識な行動とされているので気をつけましょう。

派手すぎるものはNG

花嫁よりも豪華なもの、大きな髪飾りも避けるのが鉄則です。

ゲストが花嫁より注目を集めるのはタブーです。
結婚式にふさわしい華やかさは、見た目の大きさや派手さではなく、高級感やエレガントさで演出しましょう。

加えて、昼間の結婚式では、キラキラと輝く大きな髪飾りはカメラのフラッシュが反射して、写真撮影の邪魔になってしまう恐れもあります。

結婚式ではある程度のドレスアップすることもマナーですが、主役の邪魔をしないことが一番大切です。

ファーや革、黒真珠はNG

縁起が重んじられる結婚式では、ファーや革製品といった動物の殺生を連想させるアイテムもNGです。
ヒョウ柄などのアニマル柄も避けましょう。

また、黒真珠などの黒一色のアクセサリーも、お葬式をイメージさせてしまうのでふさわしくありません。

結婚式には、白やピンクなどの明るい色の真珠を選ぶのが基本です。

カジュアルすぎるものはNG

プラスチックや布製のカチューシャ、シュシュといった普段使い用の髪飾りも、結婚式の場にはカジュアルすぎます。

よほどの出来栄えでない限り、手作り品も避けたほうがよいでしょう。

結婚式でのカチューシャは、若い世代には違和感がなくても、年配のゲストからはカジュアルな印象を持たれがちです。
格式の高い場では浮いてしまう可能性が高いアイテムのため、避けたほうが無難でしょう。

フォーマルな装いをしていても、髪飾りがチープだと全体の印象もちぐはぐになってしまいます。

髪飾りをつけていかないのはOK?

そもそも、結婚式には必ず髪飾りをつけていかないといけないのでしょうか。

結婚式で髪飾りをつけないことはマナー違反にはなりません。

特にショートヘアの場合は、髪飾りがなくても不自然に見えないでしょう。

ただ上品で華やかな髪飾りは、全体の印象をワンランクアップさせてくれます。
ひとつ持っておくと、結婚式をはじめとする特別な日の装いに重宝することでしょう。

▼▼次は結婚式に呼ばれたときのおすすめ髪飾り▼▼