• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

夏が来た!マスク嫌いの子供でもかぶれる帽子で、紫外線もウイルスもガード

このエントリーをはてなブックマークに追加

キッズ・ベビー

夏が来た!マスク嫌いの子供でもかぶれる帽子で、紫外線もウイルスもガード

子供の帽子は大切な頭を保護するだけでなく、紫外線や夏の暑さ、冬の寒さ対策にも役立つアイテムです。

しかし、いざ子供の帽子を選ぼうと思っても、サイズやデザインが豊富にあるため、どう選んだらよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、子供に最適な帽子の選び方と、子供向け帽子のおすすめ商品を紹介します!

子供が帽子をかぶらないといけない理由

子ども帽子

そもそも、子供の頭は成長過程で骨がやわらかいので、外出の際は、帽子で頭部を保護することが大切です。

また、子供は大人よりも体温調節が未熟で暑さ寒さに弱いため、春から秋は日よけ対策、冬場は防寒のために帽子をかぶらせましょう。

ほかにも子供に帽子をかぶらせたい理由があります。
詳しく見ていきましょう!

紫外線対策

紫外線には有害なものもあるため、子供の肌や頭皮へのダメージを考えると、帽子でしっかり紫外線対策をしないといけません。

子供の皮膚は大人の半分程度の厚さしかなく、とてもデリケートです。
やけどや水ぶくれなどの肌トラブルを防ぐ目的としても、外出時にはしっかり帽子をかぶらせましょう!

紫外線が強い7~8月はもちろんのこと、過ごしやすい春や秋の紫外線も子供にとっては強いため、外出時には帽子を忘れずにかぶらせてくださいね。

熱中症対策

暑い夏の日には、熱中症対策として帽子をかぶらせましょう。

帽子があれば、直射日光を遮ることができ、頭皮の表面温度の上昇を抑えることができます。

身長の低い子供は、地面からの照り返しを大人よりも受けやすく、大人が気を付けて子供の熱中症対策をする必要があります。

日頃から、「外に出るときは帽子をかぶる」と習慣付けておくことが大切です。

ウイルスや花粉対策

子供でも花粉症でつらい思いをすることがあります。
鼻水をうまくかめずに苦しむ姿を見るのは、つらいものです。

花粉の飛散する時期は、髪の毛に付着する花粉を家の中に持ち込まないためにも、外出時には帽子をかぶらせましょう。
帽子なら無意識に髪の毛を触ってしまう子供にも効果的ですよ。

また、ウイルス対策なら透明なフェイスカバーやクリアバイザーが一体になったタイプの帽子がおすすめです。
髪の毛だけでなく、目や鼻、口なども広く覆うことができます。

マスクを嫌がる子供もこのような帽子なら、万が一マスクが外れてしまっても慌てずにすむでしょう。
とくに、マスクをすることができない赤ちゃんにおすすめです!

子供の帽子を選ぶときのポイント

子ども帽子

帽子を選ぶ際は、季節に合わせて最適なデザインと素材を選ぶことが大切です。

さらに成長過程の子供の場合、帽子のサイズも重要になってきます。

ここからは、子供の帽子を選ぶ際に押さえておくべきポイントを詳しく紹介します!

季節に合わせてデザインや素材を選ぶ!

春から秋にかけては、やはり紫外線対策や熱中症対策のできる帽子を選びましょう。

例えば、日差しが顔に当たりにくいキャップや、首筋を日差しから守ってくれる日よけカバー付き帽子などです。
メッシュ素材や麦わら帽子などの通気性のよい帽子もおすすめです。

よく汗をかく子供には、洗濯可能な帽子を選ぶとよいでしょう。

冬場は暖かい素材や耳あて付きなど、しっかり防寒できる帽子を選ぶのがポイント。

ただし、素材がチクチクするものは肌トラブルの原因になります。
素材をきちんと確認したうえで購入しましょう。

サイズは若干大きめがベスト

子供の帽子のサイズは、成長過程であることと通気性の確保を考慮して、少し大きめを選びましょう。

赤ちゃんなら1~2cm、未就学児なら2~3cmぐらい余裕のあるものがベストです。

髪質や髪の毛の量、髪型によってもサイズが変わってくるのが心配な方は、頭囲のサイズを調節できるアジャスター付きのものを購入するとよいでしょう。

帽子のサイズを測るときの正しい方法

帽子のサイズを測るときは、帽子を浅めにかぶったときと深くかぶったときの2パターンを測ります。

浅めは額の中央から耳のつけ根から1cmほど上を通った1周、深めは額の出っ張ったところから後頭部の出っ張ったところを1周した長さです。

この1周の長い方に約1~3cm加えたのが、最適な帽子のサイズです。

▼▼次は子供向け帽子のおすすめ商品▼▼