• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

マリメッコのバッグが大人可愛い!バッグの種類や人気の柄をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッション・小物

マリメッコのバッグが大人可愛い!バッグの種類や人気の柄をご紹介

フィンランド発のマリメッコは、オリジナルの大胆なデザインが目を引く、世界的に大人気なブランドです。

バッグも大人可愛いコーデにぴったりのデザインが豊富に揃っています。

今回は、マリメッコの魅力やおすすめバッグをご紹介しましょう。

マリメッコってどんなブランド?

マリメッコ

マリメッコ(marimekko)は、レディースやメンズファッション、バッグやインテリア、生活雑貨まで幅広く手掛けている北欧フィンランドの世界的ファブリックブランドです。

大胆な花柄デザインが有名で、誕生から半世紀以上経っても古さを感じさせません。
トレンドに左右されない高いデザイン性が、世界中の人々を魅了し続けています。

その証拠にマリメッコの商品は世界40カ国で販売され、日本にも約30店舗の直営店があります。

まずは北欧ブランドの代表格であるマリメッコの歴史やデザインを含めて、その魅力を紐解いていきます!

マリメッコの歴史

フィンランド

マリメッコが誕生した1900年台半ばのフィンランドでは、当時流通していたプリント・ファブリックの多くが輸入品でした。

そんな状況に対して、国内の有望な若いデザイナーを集めて、大胆で新しい柄をデザインしようと、アルミ・ラティアとその夫ヴィリオによって創業されたのがマリメッコです。

ファッションショーの成功などにより、マリメッコの知名度はどんどん上がっていきます。

そして、1960年に故ジョン・F・ケネディ夫人のジャクリーンがマリメッコのワンピースを着用したことで、世界中にその名が知られることになるのです。

1964年には、マイヤ・イソラがマリメッコを象徴する、ケシの花をモチーフにした「ウニッコ」をデザインします。
しかし、ウニッコは2000年以降のブームまでは評価されず、マイヤも21世紀になってから評価を改められました。

創業者のアルミが亡くなり、一時低迷したマリメッコですが、1991年に経営者が変わり、若いデザイナーを多く採用することで、再び人気デザインを生み出すようになります。

2000年に入ると、今も大人気の「ウニッコ」が世界中で大ヒット。

現在のフィンランドでは、マリメッコのアイテムがスーパーにも置かれるほど、人々から愛されるブランドとなっています。

デザインの特徴

家庭園芸

「マリメッコ」にはフィンランド語で”マリちゃんのドレス”という意味があり、女性が主役のイメージが強いブランドです。

創業当初から自分らしく生きる女性をテーマに、創業者をはじめ、歴代の人気デザイナー、経営者まで多くの女性が活躍しました。

そうした背景も関係しているのか、マリメッコのデザインの多くは家庭の素材をモチーフにしています。
魚や果物、野菜やケシの花など家庭園芸から、故郷フィンランドの自然の風景までさまざまです。

日常の延長にあるインスピレーションから生まれる自由な発想を大切にした大胆なデザインこそ、マリメッコの魅力でしょう。

また、本社の工場ではデザイナーと職人が協力し、新しいデザインを生み出す力となっています。

色を調合するときは自然の色を忠実に再現するために、植物や果物を実際に持ち込むこともあるほどのこだわりようです。

このようにライフスタイルに溶け込むことで、流行に左右されず、飽きのこないデザインを生み出し続けているのです。

▼▼次はマリメッコおすすめバッグ!▼▼