• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

災害やアウトドアもこれで安心!太陽光で無限に使えるスマホ充電器

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ・アウトドア

災害やアウトドアもこれで安心!太陽光で無限に使えるスマホ充電器

皆さん、災害対策はしっかりしていますか?

震度3程度の地震は結構頻繁に起きますよね。

特に大きい被害がないので、揺れが来ても「あぁまたか~」とさらっと流してしまう方も多いのではないでしょうか。

この間、石川県で震度5強の揺れを観測したことも記憶に新しいと思います。

他にも大型台風による水害など、日本は災害が多い国です。

いつ大きな災害が起こっても大丈夫なように、日頃から備えておくことはとても大切です!

この記事では、au Wowma!で見つけた防災グッズをご紹介します。

太陽光さえあれば充電可能!

大きな災害時、安否確認や情報収集の要となるのがスマートフォンです。

ですがバッテリーは有限で、いくらモバイルバッテリーがあってもその充電も尽きてしまえば使えなくなってしまいます。避難所のコンセントは限られていて、一人で独占するわけにもいかないですよね。

そんな状況下の中活躍するのが、太陽光で充電ができるポータブル充電器です。

エアージェイポータブルソーラー充電器 AJ-SOLAR14W

ソーラーパネル

コンセントがなかったり停電していても、太陽光さえあれば電力を生み出して各機器に送電できるので、とても心強いです。スマートフォンはもちろん、タブレットやモバイルバッテリーの充電もできます。

使い方は、太陽光が当たるように広げてUSBポートに各端末のコードを刺し、充電したい機器を繋ぐだけ。

その時、太陽光とパネルが直角になるように固定すると効率よく充電できます。

スマートフォンは1時間で約60%2時間でフル充電できます。

USBポートが2つあるので、2台同時に充電できるのも便利。

日照時間が短い冬でも約9時間は太陽が出ているので、大分充電できそうですね。

蓄電機能はないのでパネル自体に電気を溜めておくことはできませんが、昼間はモバイルバッテリーに電力を溜めておいて、夜はその電力を使って過ごす、次の日またモバイルバッテリーを充電するという使い方もできます。

スマートフォンやモバイルバッテリーの充電が十分にあると、それだけでなんだが安心できますよね。

ソーラーパネル

広げた際の大きさは横幅約81センチ、縦幅23センチ、厚さ0.5センチと大きめですが、畳むと横幅16センチ、縦幅23センチ、厚さ3センチと大体アイパッドと同じ大きさの手帳型になるので、防災リュックの中に収納しておけます。

ソーラーパネル

各機器の充電コードが必須になるので、付属の収納ポケットにあらかじめ入れておくと良いでしょう。

「IP65」準拠の防塵、防水設計なので、使用中に突然雨が降ってきても安心です。

ソーラーパネル

ループフックが9か所に付いていて、ロープやカラビナで木の枝などに吊るして使うこともできます。

災害対策用に紹介してきましたが、キャンプや登山などのアウトドアを楽しむ際にもとても役立ちます。テントに吊るすこともできて便利ですね。

普段使いも災害時の電力確保にも使えるので、是非一家に一台持っておくことをオススメします。

おわりに

頻繁に地震が起きていても、本気で災害に備えて色々用意している方は正直少ないのではないでしょうか。

手遅れになる前に、防災グッズの準備や家族の集合場所の確認をして備えておきましょう!