• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

簡単おいしい!だしパックを使った上手な出汁の取り方&レシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加

グルメ・スイーツ

簡単おいしい!だしパックを使った上手な出汁の取り方&レシピ

「出汁をとってお料理したいけど、ちょっと面倒そう……」と、作ろうとしていたメニューを変えた経験がある方もいらっしゃると思います。

そんな方の味方になってくれるのが、今回ご紹介するだしパックです。

だしパックは簡単においしい出汁がとれるうえ、天然素材を生かしているので健康志向の方にもピッタリ!

この記事では、だしパックの魅力や使い方、レシピまでご紹介していきますので、お料理の参考にしてみてください。

簡単でおいしい!だしパックのおすすめポイント

だし

お料理に出汁が使われるようになったのは、およそ500年前の室町時代。

江戸時代には日本各地に普及し、昆布やかつお節、シイタケなどのさまざまな食材が出汁のベースとして使われるようになりました。

一時は化学調味料が一般化して押され気味になった時期もありましたが、現在では健康志向の高まりから天然素材を生かした出汁の魅力が再びクローズアップされてきています。

そんななか、最近では粉末状にした素材を小さな袋に入れたものが人気を博しています。
これがだしパックです。

だしパックには以下のような数多くのメリットがあり、簡単でおいしいお料理を作るうえでの必須アイテムといえるでしょう。

本格的な味を堪能できる

だしパックは昆布や煮干し、かつお節などの海産物、シイタケやタマネギ、ニンジンなどの野菜といった出汁をとるのに必要な食材を粉末にして、商品ごとに配合しているので、手軽に本格的な風味を味わえます。

また、出汁を取ることで味にうまみが出るので、醤油や塩などの調味料を減らすことができます。

ちなみに、出汁の持つうまみには満足感を増す効果があるだけでなく、化学調味料を使ったお料理よりもおいしいと感じやすくもなるとか。

たとえば、だしパックによく使われているかつお節が有するイノシン酸、昆布が有するグルタミン酸などは、これらを含まないお料理と比べると満腹感が長持ちするといわれています。

この効果のおかげで食べすぎを抑えられ、少ない量でもおいしい食事を楽しめるわけです。

うれしい効果を簡単に得られるだしパック、お料理に使わないのはもったいないですね。

出汁をとる手間が減る

出汁を取る際、これまでは昆布や煮干しを水につけたり、かつお節を削ったりしていました。

また、灰汁を取ったり、こしたりと、とにかく手間がかかります。

この悩みを一気に解消してくれるのがだしパックです。

だしパックは小さな袋の中に適量の出汁が入っていて、これを沸騰させた湯で煮るだけでOK。
なんともお手軽で使いやすい材料なんです。

出汁を煮出したあとはこす必要もなく、だしパックを捨てるだけ。

のちほどご紹介するように使い終わっただしパックの使い道もありますので、まったく無駄がないのもだしパックのポイントといえるでしょう。

化学調味料が苦手な方にもぴったり

お買い物の時、化学調味料を使っていないと表示されているだしパックを見かけたことはありませんか?

こういった無添加のだしパックで作った料理はコクがあり、出汁として使われている食材自体の香りやうまみを味わえるのが特徴です。

食材にこだわりたい方が無添加のだしパックを使う傾向があるのもこのためでしょう。

他にも身体機能が発達していない赤ちゃんには、砂糖やしょうゆなどの味がついた出汁よりも無添加のだしパックのほうが体にいいといわれています。

ただし、「化学調味料無添加」と表示されている場合でも、砂糖や食塩などが加えられている商品もあります。
より健康にこだわりたいならば、商品の購入時に材料を必ずチェックしましょう。

おすすめだしパック|久原本家 茅乃舎だし

久原本家 茅乃舎だし

自然食レストラン「茅乃舎」の料理長が選び抜いた、焼きあごや真昆布、うるめいわしなど4つの食材から作っただしパックです。

原料をそのまま細かく砕いているので、自然の味わいを楽しめます。

味噌汁や煮物など毎日の料理に幅広く使えます。

▼▼次はだしパックのおいしい使い方▼▼