• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

おしゃれな人はみんな使っている♪北欧食器「イッタラ」おすすめ9選

このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリア・生活雑貨

おしゃれな人はみんな使っている♪北欧食器「イッタラ」おすすめ9選

イッタラといえば、北欧インテリアの代表ブランドとして、日本でも抜群の知名度を誇っています。
シンプルながら洗練されたデザインや、見た目の美しさだけでなく、使いやすさの面でも多くの人の支持を得ているブランドです。

この記事では、そんなイッタラの特徴や歴史などとともに、おすすめの商品もご紹介します。
ぜひ、おしゃれな食器選びの参考にしてみてください!

おしゃれな北欧食器で人気のイッタラとは?

イッタラは「現代的な北欧デザイン」のパイオニアとも謳われる、フィンランドのインテリアデザイン企業です。

当初はガラスメーカーとして幕を開けたイッタラですが、現在では規模を拡大し、食器などのインテリアデザインを手掛ける一大企業として知られるようになりました。

まずは、イッタラの歴史や特徴について見ていきましょう。

歴史

フィンランド

北欧のスカンジナビア半島の付け根に位置する、森と湖の国フィンランド
その南西部にあるイッタラという小さな村に、1881年、ガラスメーカーが誕生します。
これがイッタラの始まりです。

ガラス吹き職人のピーター・マクヌス・アフラハムッソンが作り出す美しいガラス製品は、「特別の輝きを持ったガラス」と讃えられ、人々に愛されました。

20世紀初頭、当時のトレンドは、華やかな装飾が施された食器でした。
そんな時勢の中で、イッタラは機能性と美しさの共存という新たな機軸を打ち出します。
これが今日、世界中に愛好者がいる「スカンジナビアンデザイン」の源流です。

1917年に勃発した第一世界大戦によって、資源不足や買収の憂き目に遭い、どこにでもあるような製品しか生産できない苦難の時代を迎えました。
しかし、美しさと機能性の両立という思想が潰えることはなく、1930年代から40年代にかけて花を開きます。

アルヴァ・アアルトアイノ・アアルト、カイ・フランクといった伝説的デザイナーの登場により、イッタラの思想を確固たるものにしていくのです。

その後も戦争によって、操業停止に追い込まれることもありましたが、イッタラのアイデンティティが失われることはありませんでした
継続された信念に基づき、1950年代から60年代にかけて、イッタラはガラス製品のラインナップを刷新します。

シンプルでありながら美しく、機能性も兼ね備えたデザインは、ヨーロッパをはじめ世界全土へと広まっていきます。

ガラス電球の生産開始も追い風となり、イッタラは急速に成長していくのです。

1980年代には、フィンランドにおけるガラス製品の輸出額の77%という圧倒的なシェアを持つ、国内随一のガラスメーカーとなります。

時代の先駆者であり、今なお先頭を走るイッタラですが、古いものを大事にする心を持ち合わせているのが特徴でしょう。
製品の中には、80年以上前から変わらないデザインもあります。
トレンドに左右されず、いつの時代も変わらず人々に愛され続けるという、品質への自信の表れでしょう。

ところ変わって、イッタラ誕生の約8年前、フィンランドの首都ヘルシンキのアラビア地区にて、スウェーデンの陶器メーカーの子会社「ARABIAアラビア)」が誕生します。

こちらも芸術的でありながら使いやすいという、イッタラと似た理念を持つ会社でした。

カイ・フランクらを筆頭に、イッタラ・アラビアの両方を手掛けるデザイナーも登場し、両社は人々の暮らしに寄り添った製品を生み出すメーカーとして愛され続けます。

2000年台に入ると、カトラリーの「HACKMANハックマン)」や、ガラス・陶器・カトラリーなど幅広いテーブルウェアを展開する「bodanova)ボダノバ)」、王室御用達の釜を製造したという由緒正しい陶器メーカー「Rorstrandロールストランド)」と統合。
ittara lifestyle」という一つのコンセプトを共有し、さらに規模を拡大して今に至ります。

デザイン

デザイン

イッタラでは、美しさと機能性の共存を重視しています。
これはイッタラに限らず、「現代的な北欧デザイン」「スカンジナビアンデザイン」と呼ばれるデザインの特徴です。

イッタラの哲学の根底には、毎日使う・一生使うという考えがあります。
機能性を求めるのは当然の流れで、飽きのこないデザイン耐久性といった要素も重要視されています。

また、ほかの製品とも組み合わせやすいように工夫されたデザインも特徴の一つです。

初見でインパクトを与えるような華美な装飾が施されたデザインではなく、シンプルなデザインを貫いています。
それでいて、世界的な有名デザイナーたちが手掛けた数々の人気シリーズは、機能的で周りとの調和を崩さず、個性が光るものばかりです。

イッタラのラインナップを眺めていたら、それだけでも楽しくなるでしょう。

北欧の冬は長く厳しいものです。
雪に閉ざされていることから、必然的に家の中で過ごす時間が長くなります。
そのため、食器や家具などが暮らしに及ぼす影響が大きく、手触りのよさなども重要視されています。

組み合わせやすさが大切にされるのは、何気ない日常生活に常に楽しさや新しさなどの変化を求めたくなるためです。

北欧には、良質なインテリアが生まれる土壌と理由があるのです。

品質

品質

北欧デザインの思想は、ウィリアム・モリスという思想家を中心に広がった「アーツ・アンド・クラフツ運動」という現象からも影響を受けています。

19世紀中頃、産業革命によって生産力が飛躍的に向上し、量産品が巷に溢れかえるようになりました。
さまざまなものが手に入るようになった反面、その中には粗悪な品も多くありました。
そんな状況を嘆き、生活の中にも芸術性を求めた運動が、このアーツ・アンド・クラフツ運動です。

イギリスに端を発したこの運動は、ヨーロッパ全土に広がっていきます。
北欧では、歴史や伝統を再評価し、現代に即した形に再定義することが浸透していきました。

粗悪品を嫌い、伝統を重んじるという運動の影響もあり、北欧の家具デザイナーは家具職人であることも求められるようになります。
家具工房に弟子入りするか、専門学校に入って技術を磨き、試験に合格しなければ家具デザイナーとして認めてもらえなかったのです。

ゆえに「現代的な北欧デザイン」は、職人のスキルに裏打ちされた確かなものといえます。
腕のある職人が、日常生活で使う高品質な品をデザインする」、スカンジナビアンデザインを支える土台は、このように非常に強固なものなのです。

その代表であるイッタラは、ブランドの知名度もさることながら、デザイン性・機能性・頑丈性を高い水準で兼ね備えています。

個人での使用はもちろん、結婚祝いや引き出物など贈り物としても人気を集めている理由はここにあるのです。

▼▼次は人気の食器シリーズ!▼▼