• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

宅配便の悩みはこれで解決!戸建てでもつけられる宅配ボックスが便利

このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリア・生活雑貨

宅配便の悩みはこれで解決!戸建てでもつけられる宅配ボックスが便利

宅配ボックスや宅配ポストがあれば、不在時でも荷物を受け取ることができます。

宅配ボックスというと、マンションにあらかじめ備えつけられているイメージがありますが、最近では一戸建てでも宅配ボックスの設置が増えています。

パナソニックやYAMAZENなどさまざまなメーカーが製品をリリースしており、自分で取り付けられるものもあります。

この記事では、宅配ボックスの種類ごとの特徴や選び方、人気商品を紹介します。

宅配ボックスを設置するときのメリット・デメリットって?使い方は?

まずは、宅配ボックスを設置するメリットとデメリットをご紹介します。

また、宅配ボックスの使い方も合わせてご紹介します。

宅配ボックスを利用するメリット

トラックとダンボールと時計

不在時でも荷物を受け取ることができるのが宅配ボックスの最大のメリットです。

仕事や学校などで日中不在にしていたり、自宅に戻るのが夜遅くなる方は荷物を受け取るタイミングを逃すことがあります。
また、在宅していても寝ていたり、家事で手が離せず受け取れないこともあります。

再配達の依頼を行うにしても、確実に荷物を受け取れる時間帯を指定しなければなりませんし、場合によっては予定が合わず難しいこともあります。

このような場合、宅配ボックスがあれば、再配達依頼をすることなく荷物を受け取ることができるため、荷物を受け取るためだけにスケジュールを調整する手間を省くことができます。

さらに、不審者と対面しないですむのもメリットです。
不審な人物が宅配業者を名乗り訪問してきたとしても、インターホン越しに宅配ボックスに入れてほしいと指示することができるので、直接顔を合わせずにすみます。

荷物がボックスに入った日時を機械的に記録できるタイプもあり、この受け取り記録は通販で購入したものを返品するときに役立つことも。

宅配ボックスを利用するデメリット

ダンボールに入った野菜

続いては、宅配ボックスを利用するデメリットです。

固定しないで設置するだけの簡易タイプの宅配ボックスはボックスごと持ち去られてしまうケースもあり、盗難に遭う可能性がないとはいえません。
盗難防止にワイヤーで固定するタイプも増えていますが、うっかり固定するのを忘れてしまうと盗難のリスクが高まります。

固定型は盗難に強いメリットがありますが、設置工事にはそれなりに手間がかかりますし、業者に設置を依頼すると本体と別に工事費用がかかります。

また、ほとんどの宅配ボックスは冷蔵機能や冷凍機能が備わっていないため、冷蔵品や生鮮食品などを受け取ることができません。
大半の宅配業者は冷蔵冷凍便や、貴重品や代引き、着払いの荷物は宅配ボックスに入れないように指導しています。
そのため、これらの荷物もボックスで受け取ることはできません。

ボックスのサイズが大きければ、大型の荷物も受け取れますが、その分十分な設置スペースの確保が必要です。
ギリギリのスペースに設置すると玄関の出入りがしづらくなる可能性もあります。

宅配ボックスの使い方

宅配便

使い方はごくごくシンプルで、鍵は電子式やダイヤル式などいくつかのタイプがありますが、どれも簡単な手順で使うことができます。

基本的にはボックスの中に印鑑を入れておけば受け取りの準備が整います。

ここでは、一般的な宅配ボックスの使い方についてまとめてみました。

1.宅配ボックスの中に印鑑を入れておく

宅配業者から荷物を受け取るときには、荷物を確実に受け取った証しとして受取伝票に押印やサインをします。

宅配ボックスで受け取る場合も押印またはサインが必要になるので、あらかじめボックスの中に印鑑を入れておく必要があります。
この印鑑はシャチハタで十分です。実印や銀行印などは絶対に入れないようにしましょう。

製品によっては押印機能を備えたものや、印鑑を収納するケースがついているものもあります。
押印機能を備えたタイプなら、印鑑の不正使用や盗難のリスクを下げることができます。

また、押印は荷物を入れたあとに初めて可能になる仕組みや、1回しか押印ができない仕組みなど、セキュリティ面にも配慮して作られているのも特徴です。

宅配ボックスに印鑑をそのまま入れておくのが不安な方は、押印機能を備えたタイプを検討してみましょう。

2.荷物が届けられる

宅配業者は荷物をボックスに入れ、中に入れられた印鑑で伝票に押印し配達完了とします。

不在時は宅配ボックスに入れておいてほしい旨をあらかじめ宅配業者に伝えておくとスムーズです。
宅配業者の中には、荷物が盗難に遭うリスクなどを考え、できるだけ直接手渡す方針のところもあります。
そのため、事前に宅配ボックスに入れてほしい旨を伝えておかないと、持ち帰られてしまう恐れがあります。

最近は宅配業者の二度手間を減らすために大手ネット通販会社も宅配ボックスなどへの配達を積極的に行っており、商品を注文するときに配達先を宅配ボックスに指定できることも増えています。

3.解錠番号を確認する

機械式のボックスはダイヤル錠で開閉を行うタイプが多く、一度閉めて、再び開けるためには解錠番号を合わせなくてはなりません。

解錠番号は宅配業者が荷物を入れたあとに設定します。

扉を開けるのに必要な解錠番号が記載された不在票、伝票などがポストに投函されます。

なお、このタイプのボックスの解錠番号は、使用するごとに指定する方式ですので、セキュリティ面でも安心です。

4.解錠をし、荷物を受け取る

解錠番号を記載した不在票、伝票をポストから取り出します。
そこに記載されている解錠番号を使い、ボックスの扉を開いて荷物を受け取ります。

当然のことながら、記載された解錠番号が間違っていると扉は開きません。

荷物を受け取ったら、届いていた品物が間違いなく自分宛に送られたものか、破損などがないかを確認しましょう。

▼▼次は宅配ボックスを選ぶときのポイント!▼▼