【2021】最強の日焼け止めは?絶対焼かない!人気のおすすめランキング

美容・健康

【2021】最強の日焼け止めは?絶対焼かない!人気のおすすめランキング

毎年気になる紫外線対策。みなさん、日焼け止めの用意はできていますか?

『日焼けしたくないけど日焼け止めって乾燥する…』『ウォータープルーフって落とすの面倒!』『敏感肌だから毎日使うと肌荒れが…』『そもそも日焼け止めって顔と体で使い分けたほうが良いの?』

毎年日焼け止めのさまざまな悩みは尽きないですよね。そんな日焼け止めジプシーのみなさんの為に、日焼け止めの選び方・おすすめの人気日焼け止めランキング・機能別のおすすめ日焼け止めをご紹介します!

紫外線対策をしっかり行って、今年こそ【絶対焼かない】夏を過ごしましょう~!

日焼け止めの重要性

日焼け止め

みなさんは毎日、日焼け止めを塗っていますか?日焼け止めを毎日こまめに塗るのって、正直めんどくさいですよね。

『日焼けしても冬になればまた元の肌色に戻るし、別に日焼け止め塗らなくてよくない?日焼け止め塗る意味ってなんなの?』

こんなことを思いながら若かりし頃の筆者は、海やプールに行くとき以外は日焼け止めを使うことを大いにサボっていました。のちに後悔するとも知らずに…。

というわけで、ここでは日焼け止めを使わずにいるとどうなるのか、日焼け止めの重要性についてお話していきます。

日焼け止めを使わないとどうなるの?

まずはじめに大事なことをお伝えします。

日焼けは軽い火傷の一種です。

長時間屋外で過ごしたり日差しの強い場所で過ごすと、赤くなってヒリヒリしますよね。これは炎症を起こしている証拠です。さらにひどくなると水ぶくれができてしまうことも。

『白い肌でいたい願望とか特にないし…』と思っている男性やお子さまも、日焼けによる炎症を防ぐ為に紫外線対策は必須なんです!

さらに、色白の方は紫外線をあびても赤くなるだけで黒くならないという方が多いですよね。

黒くなるという方も、『次のシーズンまでには元の肌の色に戻るし、日焼け止めの重要性がイマイチわからない』という方も多いのではないでしょうか。

紫外線のダメージは徐々に蓄積されています。

そうなんです、今目に見えていないだけで、徐々に、徐々に、蓄積されているんですよ…!!!!!紫外線のダメージが蓄積されるとシミやシワ、たるみを引き起こします。余裕ぶっこいて日焼け止めを大いにサボっていた筆者も、アラサーになって紫外線対策の大切さを痛感させられました…。

毎日日焼け止めを塗っていないというそこのあなた!今からでも遅くありません!夏に限らず春も秋も冬も、晴れでも曇りでも、365日毎日紫外線対策していきましょう!

日焼け止めの選び方 4つのポイント

日焼け止め

①シーンによって使い分ける

日焼け止めは、商品によって紫外線から肌を守る指数がさまざま。指数だけでなく、ウォータープルーフや摩擦に強いなど、特徴も多種多様です。

日焼け止めを選ぶ際は、使うシーンに適した指数・特徴のものを選ぶことが重要。

海やプールに行く際には数値が高くウォータープルーフのもの、毎日の普段使いにはほどよい数値の高さで乾燥しにくいもの、など、用途に応じて日焼け止めを選びましょう。

▼シーン別のおすすめの指数はこちら

使用シーン 適した指数
プール・海・長時間の屋外レジャー SPF50+PA++++
短時間の屋外での活動 SPF30 PA++程度
通勤・通学・散歩などの日常生活 SPF10 PA+~SPF20 PA++程度

★SPFとPAってなに?

日焼け止めのパッケージに必ず記載されている『SPF』『PA』。両方とも紫外線から肌を守る指数ですが、それぞれ意味が異なります。

『SPF』は、UVB波(赤みや炎症を起こしたり、メラニン色素を沈着させて日焼け・シミ・ソバカスの原因となる紫外線の種類)によるダメージを防止する指数です。数値が高ければ高いほどUVB波に対する防御効果(長時間防止できる)が高くなります。

いっぽう、『PA』UVA波(コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す細胞に損傷を与えて、シワやたるみなどの老化現象を引き起こす紫外線の種類)によるダメージを防止する指数。
『PA』は数字ではなく『+』で表記され、『+』の数が多いほど防御効果が高くなります。

②テクスチャーで使い分ける

以前は日焼け止めといえば二層のミルク(乳液)タイプのものが主流でしたが、最近ではクリームタイプ、ジェルタイプ、スプレータイプ、パウダータイプ、スティックタイプなど、さまざまなテクスチャーの日焼け止めが販売されています。

基本的にテクスチャーに関しては使い心地が好みのものを選んで問題ありませんが、1つ注意点があります。
スプレータイプ、パウダータイプに関しては、ムラづきに気付かずうっかり部分的に日焼けしてしまったり、塗布量が足りないことによりしっかり紫外線を防御できない場合があります。

メインはミルクやクリーム、ジェルタイプを使用し、外出時の塗り直しなどサブ的な使い方としてスプレーやパウダーを使用されることをおすすめします。

③機能性で使い分ける

昨今の日焼け止めはトーンアップ効果に優れたものや、ブルーライト・大気汚染にも対応できるもの、美白ケアやエイジングケア効果を兼ね備えているものなど、機能面が充実したハイブリッドな商品がトレンド。

プチプラからデパコスまで、各社からさまざまな機能を持つ日焼け止めが販売されているので、紫外線から肌を守るのはもちろんのこと、肌悩みに適しているものや欲しい機能で日焼け止めを選んでみるのもおすすめです♪

④顔と体で使い分ける

『日焼け止めは顔と体で使い分けた方がいい?』

その答えは、YESです。

顔・体兼用で使える全身用の日焼け止めも販売されているので、絶対に顔と体で同じ日焼け止めを使ってはいけないというわけではないのですが、顔と体では皮膚の特徴が違うため、断然使い分けをするのがおすすめです。

顔の皮膚は体と比べて薄く、皮脂腺も多くデリケートです。さらに、日焼け止めだけ使ってベースメイクをせずに外出される方は少ないと思います。そうなると、顔には下地効果も兼ね備えているものや、メイクアップ効果のあるもの(BBクリームやCCクリームが例)、保湿力の高いものや皮脂腺がつまりにくいものを使用する必要がでてきます。
(※下地効果のない日焼け止め+下地+ファンデーションでも問題はありませんが、厚塗り感が出やすく、工程が多いので面倒ですよね)

いっぽう、体の皮膚は顔に比べて厚く皮脂腺も少ないため、一般的にボディ用の日焼け止めは顔用の日焼け止めよりもやや刺激が強く紫外線カット効果が高い傾向にあります。

ボディ用の日焼け止めを顔に使用すると肌荒れを引き起こしてしまう場合もあるので絶対にやめましょう。

ちなみに、透明タイプや自然なトーンアップタイプのものであれば、顔用を体に使っても問題ありません。ただ、顔用はスキンケア効果や美肌見せ効果が高く、一般的に価格もボディ用より値が張る傾向にあります。体は日焼け止めを塗る面積が広いので、顔用の日焼け止めを使うのは、正直コスパが良いとはあまり言えません。

そういったことも踏まえると、やはり顔には顔用・体にはボディ用と日焼け止めを使い分けるのがおすすめです。

絶対焼きたくない人へ!人気の日焼け止めおすすめランキング

日焼け止めの重要性と選び方を理解していただいたところで、ここからは顔用・ボディ(体)用別で人気の日焼け止めおすすめランキングをご紹介します♪

【顔用日焼け止め】メイクアップ効果も期待できる、おすすめランキングBEST5

顔用の日焼け止めは化粧下地効果も兼ね備えたアイテムがおすすめ。しっかり紫外線から肌を守りながら美肌見せしてくれるおすすめの日焼け止めはこちら!

第1位 LANCOME(ランコム) UV エクスペール トーン アップ ローズ

ランコム UV エクスペール トーン アップ ローズ

顔用日焼け止めおすすめランキング第1位はランコムから今年発売されたUVエクスペールトーンアップローズ。人気のUVエクスペールシリーズですが、今年の新作は日本人女性の肌色を綺麗にトーンアップしてくれるピンクカラーなんです!

SPF50+PA++++と国内最高数値の紫外線カット率ながら、しっとりとした使用感が魅力。

紫外線だけでなく汚染物質などからも素肌を守りながら、ベースメイクの仕上がりを長時間キープして綺麗なツヤ肌を演出。毎日の紫外線対策とベースメイクの強い味方です!

 

第2位 ラロッシュポゼ UVイデアXL プロテクショントーンアップ

ラロッシュポゼ UVイデアXL プロテクショントーンアップ

第2位はラ ロッシュ ポゼのUVイデアXL プロテクショントーンアップ。皮膚本来の機能をサポートするラ ロッシュ ポゼ ターマルウォーター配合で、敏感肌でも使える肌に優しい日焼け止め(化粧下地)です。

こちらも1位のランコム同様SPF50+PA++++の高UVカット率ながら、石鹸で落とせるのでクレンジング時の肌の負担も軽減できます。

『エイジングケア成分配合』『トーンアップ効果』『PM2.5などの外的要因から肌を守る効果』など、1本で何役もこなす頼もしいアイテム☆

 

第3位 ポール&ジョー PAUL & JOE プロテクティングファンデーションプライマーS

ポール&ジョー PAUL & JOE プロテクティングファンデーションプライマーS

第3位は大人気のデパコス化粧下地!ポールアンドジョーの下地の中でも特にUV対策におすすめのプロテクティングファンデーションプライマーSです。3種類のヒアルロン酸配合でうるおいたっぷり、みずみずしい使用感が特徴です。

自然に肌をトーンアップして透明感溢れる毛穴レス美肌に。SPF42PA+++で毎日のUV対策にぴったり!

 

第4位 Christian Dior クリスチャン ディオール プレステージ ホワイト ル プロテクター ルミエール UV

Christian Dior クリスチャン ディオール プレステージ ホワイト ル プロテクター ルミエール UV

第4位はディオールのプレステージ ホワイト ル プロテクター ルミエール UV

SPF50+ PA++++で紫外線A・B波はもちろんのこと、人工光やブルーライトなどのさまざまな光から肌を守ってくれる最強ハイスペック日焼け止め(化粧下地)!

UVカット効果だけでなく、内側から発光して元から肌が綺麗な人のように仕上がる化粧下地効果も見逃せません。保湿力が高く、エアコンの乾燥対策にも◎

 

第5位 【ORBIS】オルビス サンスクリーン(R)オンフェイス モイスト

オルビス サンスクリーン(R)オンフェイス モイスト

第5位はオルビスのサンスクリーン(R)オンフェイス モイスト(クリームタイプ)
オイルフリー・紫外線吸収剤フリー・無香料で、紫外線だけでなく近赤外線や大気汚染物質もブロックしてくれる優秀アイテムなのに、なんと1000円以下で購入できるコスパの良さが魅力です!

自然なカバー力で化粧下地としても、すっぴん風メイクのときのファンデーション代わりとしても使用できます♪洗顔料で落とせる手軽さも◎ 日常使いにちょうどいいSPF34PA+++。

 

 

【ボディ(体)用日焼け止め】海などアウトドアにもおすすめのランキングBEST5

ボディ用はつけてすぐに肌になじむジェルタイプのテクスチャーや、ウォータープルーフなのに石鹸で落とせるものが人気。絶対に焼きたくない日の使用から普段使いまで、使いやすくてしっかりUV対策できるおすすめの日焼け止めはこちら!

第1位 資生堂 アネッサ パーフェクトUVスキンケアミルク

資生堂 アネッサ パーフェクトUVスキンケアミルク

ボディ用日焼け止めおすすめランキング第1位は、日焼け止めと言えば!な王道ブランド資生堂アネッサのパーフェクトUVスキンケアミルク
SPF50+PA++++で汗・水にふれるとさらに強くなる最強の日焼け止めです!なんと、80分間の水浴テストで耐水性の高さが実証されているスーパーウォータープルーフ!

それでいて『スキンケア成分50%配合』『白くならない』『ベタつかないのに乾燥しない』『石鹸で落とせる』と日焼け止めに求める条件を見事にクリア!さすがのアネッサです!

 

第2位 スキンアクア トーンアップUVエッセンス

スキンアクア トーンアップUVエッセンス

第2位は『SNS映えする日焼け止め』で昨年から話題沸騰中のロート製薬 スキンアクア トーンアップUVエッセンス

UVケアしながら、ラベンダーカラーで透明感たっぷりの美肌にトーンアップ!繊細なストロボパールが日差しの下で輝くツヤ肌を演出してくれます♡トーンアップやツヤ肌効果だけでなくUVカット効果も本格派!SPF50+ PA++++のウォータープルーフで、絶対に焼きたくない日も安心です♪

 

第3位 ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

第3位はビオレのUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス
みずみずしいウォーターベースのテクスチャーで軽いつけ心地が嬉しい1本。塗り直しで重ねても軽い使用感が続くので、長時間屋外で過ごす日にもおすすめです♪

保湿成分配合で乾燥の心配もありません。白くならず、スーパーウォータープルーフなのに石鹸で落とせるのも◎ SPF50+ PA++++で紫外線をしっかりブロック!

 

第4位 カネボウ ALLIE(アリィー) エクストラUV ジェル

カネボウ ALLIE(アリィー) エクストラUV ジェル

第4位はカネボウのアリィー エクストラUV ジェル。汗・水だけでなく摩擦にも強いダブルプルーフ!しっかり日焼け止めを塗ったつもりが服やバッグでこすれてうっかり日焼けしてしまった!なんて心配する必要ナシなんです!

美容成分配合でみずみずしくのびのいいテクスチャーも魅力。SPF50+ PA++++

 

第5位 WELEDA(ヴェレダ) エーデルワイスUVプロテクト

WELEDA(ヴェレダ) エーデルワイスUVプロテクト

第5位はヴェレダのエーデルワイスUVプロテクト
ノンケミカル処方で、生後一か月の赤ちゃんから大人まで使えるオーガニックの日焼け止めです。大容量タイプは家族みんなで使えて便利♪

天然由来成分100%で肌に優しい日焼け止めなので、敏感肌の方や季節の変わりめのゆらぎ肌にもおすすめです。

自然に肌のトーンを整えてくれるので、ボディはもちろん化粧下地としての使用もOK!SPF38 PA++

 

 

特徴で選ぶ!機能別おすすめ日焼け止め7選

美白もエイジングケアもできる!美容液のような日焼け止め

ポーラ ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス

ポーラ ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス

こちらはなんと、紫外線対策をしながら美白ケア&エイジングケアができる超ハイスペックな日焼け止めなんです!

使い心地も美容液のように軽く、保湿力も抜群。それでいてSPF50+ PA++++でUVカット効果も本格派です!

 

髪にもメイクの上からも使える!スプレータイプの日焼け止め

ナプラ ミーファ フレグランスUVスプレー マグノリア

ナプラ ミーファ フレグランスUVスプレー マグノリア

こちらは肌にも髪にも使えるスプレータイプの日焼け止め。持ち運びしやすいサイズで、お直しにもおすすめです!オシャレなパッケージと上品な香りで、デスクに1本置いておきたくなる日焼け止めです♡

こちらもSPF50+ PA++++とUVカットはばっちり。髪と肌をしっかりと紫外線から守ってくれるので日差しの強い季節は手放せません…!

思い立ったらすぐ塗れる!楽ちん便利なスティックタイプの日焼け止め

資生堂 サンケア クリアスティックUVプロテクター

資生堂 サンケア クリアスティックUVプロテクター

こちらは手を汚さずに直接肌に塗れる、スティックタイプの日焼け止めです。メイクの上からささっと塗り直しができるので、携帯用に1本持っておきたい優れもの♪

SPF50+ PA++++でしっかりとしたUV効果もありながら、ニキビのもとになりにくい、肌に優しい処方も嬉しいポイントです。汗のにおいをかぐわしい香りにするハーモナイズ香料配合で、においケアも叶います!

 

プレゼントにもおすすめ♡可愛くてオシャレな日焼け止め

ロレッタ とかげの寄り道

ロレッタ とかげの寄り道

ヘアスタイリング剤でおなじみのロレッタの日焼け止めは、パッケージの可愛さがポイント♪可愛いだけじゃなく、ノンケミカル処方で肌に優しく爽やかな香りも◎

SPF32 PA+++で、肌に優しい日焼け止めを探している方や小さなお子さんがいる方にプレゼントするのもおすすめです♪

 

お直しにぴったり♪コンパクトタイプの日焼け止め

オルビス(ORBIS) サンスクリーン(R) パウダー

オルビス(ORBIS) サンスクリーン(R) パウダー

お直し用のパウダータイプの日焼け止めは、持ち運びに便利なコンパクトタイプが断然おすすめ!

お直し用と侮るなかれ、軽い使用感なのにSPF50+PA++++でしっかりと紫外線から肌を守ってくれる優秀パウダーなんです♪

香水代わりにも!女性におすすめのいい匂いがする日焼け止め

ジルスチュアート リラックス アクアシフォン プロテクター

ジルスチュアート リラックス アクアシフォン プロテクター

みずみずしいジェルタイプの日焼け止め。肌にのばすと、アロマティックホワイトフローラルブーケのいい香りがふんわり広がり、香水やオーデコロンの代わりにもぴったりです♪

顔、ボディどちらも使用でき、汗・皮脂吸着パウダー配合のおかげで、汗をかいてもベタつかずサラサラとした肌が持続します。保湿成分も配合され、紫外線から守りながら健やかな肌へと導きます。

 

皮脂に強い!男性におすすめのメンズ用日焼け止め

キールズ フェイシャル フュール UV ガード

キールズ フェイシャル フュール UV ガード

おしゃれな男性なら、日焼け止めにもこだわりたいもの。こちらは皮脂に強く、マットな質感に仕上げてくれるメンズ用のフェイシャル日焼け止めです。高温多湿な夏も清潔感のあるマットな肌で、周りと一歩差がつく紫外線対策をしちゃいましょう!

高いUV効果を発揮するSPF50 PA+&軽いテクスチャーで「日焼け止めはベタつきそう」と先入観のある男性にもおすすめです。

上手に洗って肌荒れを防ぐ!落ちにくい日焼け止めのクレンジング方法

上手に洗って肌荒れを防ぐ!落ちにくい日焼け止めのクレンジング方法

「日焼け止めを塗った後、クレンジングしないでいたら肌荒れに…」「日焼け止めはすべて石鹸で落とせるの?」など、正しい日焼け止めの落とし方を知らない方は、案外多いのではないでしょうか。「クレンジング不要」と書かれている日焼け止めは基本石鹸で落とせますが、そうでないものは必ずクレンジングでオフしましょう。

ここでは、日焼け止めのクレンジング方法について解説します。

日焼け止めがしっかり落とせていないとどうなる?

日焼け止めのパッケージには、必ず落とし方について記載されています。「クレンジング不要」「石鹸で落とせる」などと書かれていれば、いつも使っている石鹸で丁寧に洗い流せばOKです。そのような説明がなければ、十分なクレンジングを行うことが望ましいでしょう。適当に落とすのではなく、必ずパッケージを見て、どのようにオフすればよいのかチェックしてくださいね。

日焼け止めがしっかり落とせていないと、ニキビや吹き出物、乾燥、毛穴の黒ずみといった肌トラブルの原因になることがあります。それらは将来、シワやたるみなど別の問題を引き起こす可能性も十分にあり得ますよ…!水に強いウォータープルーフタイプの日焼け止めは、特に肌に残りやすいため、パッケージの記載に従ってしっかりと洗いましょう!

顔や体に塗った日焼け止めの落とし方

日焼け止めをきちんと落とすには、まずは体を温めて毛穴を開かせるのがベター。湯船に浸かったり、蒸しタオルを当てたりして、皮膚を柔らかい状態にしておきましょう

十分に体が温まったら、クレンジングオイルを手のひらに広げ、顔全体になじませます。このとき、ゴシゴシとこすらず、顔の中心から外側にむかってくるくると円を描きながら優しくマッサージするのがポイントです。汚れが浮いてきたらぬるま湯ですすぎ、泡立てた洗顔料で優しく洗顔しましょう。

体に塗った日焼け止めも、顔と同じようにクレンジングオイルを使って手のひらでなでるように優しくオフしていきます。紫外線にさらされた肌は普段よりも傷がつきやすいため、洗い流す際は弱めのシャワーや洗面器に入れたお湯を使いましょう。最後にボディソープや石鹸で体を洗い、先ほどと同じように優しく洗い流せば完了です。なお、きちんと洗えているか気になって長時間かけて念入りに洗うのは肌に負担がかかるためNG。できるだけ素早く洗うようにしましょう。

オフ後は保湿を忘れずに!

見落としがちなのが、日焼け止めをオフ後のスキンケアです。紫外線や水や汗に強いウォータープルーフタイプの日焼け止め、SPF値の高い日焼け止めなどは、肌乾燥の原因になることがあります。そこで日焼け止めをオフした後は保湿成分の高い化粧水や乳液などでしっかりと肌にうるおいを与えてください。このときも肌に摩擦を与えないように注意し、力をかけすぎないように優しく肌に塗っていきましょう。

また、「顔の保湿はするけど、体の保湿はあまり気にしてない」という方もクレンジングオイルを使った後は、肌が乾燥しやすい状態にあります。そのため、保湿成分の高いボディクリームやボディローションなどを使ってしっかり保湿しましょう。

日焼け止めをしっかり落とせているかどうかの確認方法

石鹸で落とせる日焼け止めでも、塗る箇所によっては十分に落としきれないことがあります。首のシワや耳、小鼻などは洗い残しが多いため、きちんと落とせているか確認すると安心です。
とはいえ、日焼け止めが肌に残っているかどうかを、目視だけで判断するのは難しいものです。ウォータープルーフタイプの日焼け止めは耐久性が強いため、肌に残っているとその部分は水をはじきます。シャワーを浴びたり、湯船に浸かったりした際に、水をはじく箇所がないか確認するとよいでしょう。

また、肌の一部だけ白っぽい部分がある場合や、なかなか日焼け止めの匂いが取れない場合なども、肌にまだ日焼け止めの成分が付着している可能性が高いです。石鹸で落とせるものでも、これらが気になる場合はクレンジングを行うことをおすすめします。

肌に優しい大容量♪ボディにもおすすめのクレンジング2選

「UV効果の高い日焼け止めを全身に使いたい」「日焼け止めをしっかり落として肌トラブルを防ぎたい」といった方は、顔・体どちらも使える大容量のクレンジングがあると便利です。

そこでここからは、気軽にたくさん使えるプチプラ商品の中から、肌に優しいオイルや濡れた手で使える商品など、おすすめの大容量クレンジングを2つご紹介します。

無印良品 マイルドオイルクレンジング(大容量) 400ml

無印良品 マイルドオイルクレンジング(大容量) 400ml

「無印良品 マイルドオイルクレンジング」はうるおい成分をたっぷり配合した肌に優しいクレンジングオイルです。無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーなので、敏感肌の方からも大人気。

濡れた肌にも使え、お風呂場で使えるベーシックなクレンジングオイルを探している方にぴったりの商品です。無印らしいシンプルなボトルも好印象ですね♪

 

TIAS クレンジングジェル 1000g

TIAS クレンジングジェル 1000g

こちらは濡れた手のまま使用できるジェルタイプのクレンジング。体が濡れていてもそのまま使えるので、ボディ用のクレンジングとして重宝するでしょう。2種のプラセンタと5種のコラーゲン、そしてアルガンオイルなど美容成分もたっぷり配合しており、肌に優しく使えます。

大容量でコスパも良く、家族でシェアするのもおすすめです。ナチュラルなアロマオイルの香りで、気持ちよく使えそうですね♪

 

~おまけ~古くなった日焼け止めは掃除に

日焼け止め活用法

『日焼け止めの使用期限ってどれくらい?』

そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。一般的に、日焼け止めは未開封であれば3年程度・開封した場合は1年を目安に使いきったほうが良いと言われています。

『そんなこと言われても、1年以内に使いきれなかった…大量に残った去年の日焼け止めはどうすればいいの?』

とお悩みのみなさんに朗報です。古くなった日焼け止めの活用法があるんです!

 

★金属のサビとり
★シール剥がし
★切れ味が悪くなったハサミのお手入れ

 

メガネ拭きクロスに日焼け止めをつけて、優しく拭くと、日焼け止めの油分がサビやくすみ、ベタつきをとってくれるんです♪大量に残ってしまった古い日焼け止めをお持ちの方は、是非試してみてください☆

おわりに

日焼け止め

日焼け止めの重要性と選び方・人気の日焼け止めおすすめランキングと機能別のおすすめ日焼け止めをご紹介いたしましたが、いかがでしたか?日焼け止め選びの参考にしてみてくださいね♪

また、絶対に日焼けしたくない方は日焼け止めにプラスしてUV対策グッズを使用するのもおすすめです。UV対策グッズについてまとめた記事も、是非参考にしてみてください☆