• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

コントロールカラーは部位塗りがBEST!!美肌に近づく選び方と塗り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

美容・健康

コントロールカラーは部位塗りがBEST!!美肌に近づく選び方と塗り方

美容に関心のある方なら誰でも聞いたことのあるワードでもあると思いますが、皆さんは“コントロールカラー”をどのように選んで使用していますか?何となくの理解で使用している方も多いのではないでしょうか?

コントロールカラーとは

血色の悪い肌や、くすみ、クマ、そばかすなど肌の悩みに合わせて使用することで、肌の色を補正・調節をするメイクアップアイテムのこと。

 

コントロールカラーを使用するタイミング

コントロールカラーは化粧下地の後に使用するのが一般的。「化粧下地」は肌を滑らかに整えてファンデーションのノリを良くするものなのでコントロールカラーとはまた違う役割なんです。しかし近年は化粧下地の役割をもつコントロールカラーやコンシーラー型のコントロールカラーなど種類も多様です。

 

コントロールカラーのNG行為

何よりもオススメできないNG行為はコントロールカラーを顔全体に塗ってしまう行為。何故顔全体に塗ることがNGなのでしょうか。

厚くなってしまう

年齢を重ねる度肌の悩みも多くなり、シミやくすみといった点が気になりますよね。肌の悩みをカバーする為に、化粧の工程が増えるのは自然なことだと思います。

化粧下地から始まり、コントロールカラーにファンデーションやコンシーラー、フィニッシュパウダーなど。

この化粧をしていく工程で気をつけたいことは厚塗り感が出ていないかどうか。

ベースメイクが厚ければ厚いほど化粧は崩れやすく、かえってシワやシミが目立ってしまい、老け顔に見られてしまうこともあります。

ベースメイクを行う際は「必要な箇所」に「必要な量」使用することが大切なんです。

肌のトーンは箇所によって違う

クマは目の周りにしかできないし、顔全体にニキビや赤みがあるわけではないですよね。シミやくすみもよく顔を見れば顔全体ではなく部分的にありませんか?

それなのにそれぞれ肌のトーンが違うところ全体に1色を塗ってしまったらどうなるでしょうか。

悩みが1つ改善した代わりに他の気になる悩みが浮き彫りになってしまいます!

肌の悩みは顔全体ではなく部分で見直してみて。そうすると自分に必要なコントロールカラーが何なのかが見えてくるはず!

 

鏡を持っていざチェック!!

チェックしたいのは目元・鼻・頬の3点。そして最後に自分の肌の全体のトーンを確認。

頬は赤みが出やすいかや、ニキビがあるか、シミで黒ずんでいるか等。

また血色が全体的に悪くないかを確認します。

 

コントロールカラーの色別効果

皆さんはどんなコントロールカラーを使用していますか??ピンクやパープル、ブルーなど様々なカラーのコントロールカラーがありますよね。

まずは色ごとに、どのような効果があるのかをcheck!

ピンク

・血色感がUP

・ブルべの方に特におすすめ

ブルー

・黄み肌に効果的でくすみ改善、透明感UP

・イエベの方におすすめです

パープル

・くすみを改善、透明感UP

・ハイライト効果もあり、血色を良くする。

・ピンクとブルーの良いとこどり。ブルーよりも白っぽくなることも。

イエロー

・黒ずみ、色ムラを補正

・クマやシミ、そばかすに効果的。

グリーン

・赤みを消す

・ニキビ跡や頬の赤みを抑える

 

色別おすすめコントロールカラー

□ピンク

POLA ディエムクルール プライマー

ポーラのプライマーは自然な透明感が出るピンク。肌のくすみを隠すのではなく綺麗に見せることで化粧の厚塗りの防止にもなります。肌をパッと明るくし、血色の良い生き生きとした印象に。美容液成分もたっぷり含まれているので乾燥もしにくく、メイク持ちを良くします。ブルべの方は顔全体に使用しても◎

 

□ブルー

Dior スノーメイクアップベースUV35

どんよりとした肌のくすみをブルーのコントロールカラーがトーンアップ。ディオールスノーメイクアップベースは全3色。顔全体に使っても白浮きしにくいと口コミでも高評価のコントロールカラーです。肌の赤みや黄みなど全体の肌悩みを調整してくれるので顔全体に使っても良さそうです。

 

□パープル

ANNA SUI スタンプコントロールカラー

ポンポンするだけでくすみや毛穴をカバーし、透明感のある肌を演出してくれます。

スポンジ付属だから手が汚れず朝のメイクの時短にも◎

 

キャンディドール ブライトピュアベースラベンダー
キャンディドール ブライトピュアベースラベンダー

こちらはプチプラながら実力派のコントロールカラー。伸びが良く保湿力も高いのにSPF50+PA+++と紫外線カット効果も抜群。

ほどよいラメ感も肌を綺麗に見せてくれる秘訣。透明感溢れる白肌を目指せます。

 

□イエロー

LUNASOL カラープライマー

赤みが若干気になる箇所や目の下の茶クマなどにはイエロー系のコントロールカラーがオススメです。くすみを飛ばし、美しい素肌をまとったような滑らかな仕上がりに。

 

□グリーン

THREE アンジェリックコンプレクションプライマー

スリーのコントロールカラーは素肌を覆い隠すのではなく肌に透明のカラーフィルターを重ねているような仕上がり。厚塗り感のない透明感溢れる美肌を演出してくれます。

グリーンのコントロールカラーは肌の赤みをすっとカバーして均一な肌色に導きます。全体塗りはNG。ポイント使いで指でトントン優しく馴染ませて。

全4色展開、(店舗限定色を含めると5色展開)

肌の赤みが気になる場合はイエローとグリーンをチョイス。血色感をプラスしたい場合はピンクやピーチが◎

悩みに応じたコントロールカラーで透明感のある肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

使いやすいコンシーラータイプもチェック!

RMK スーパーベーシック リクイドコンシーラー

目元や小鼻のきわなど少し塗りにくく細かいところにRMKの筆ペンタイプのコンシーラーが超便利!偏光パールが気になるくすみをソフトフォーカスして上手にカバー。

目の下がトーンアップすると顔全体のトーンが一気に明るくなりますよ♬持ち運びもしやすいのでメイク直しのポーチには入れておきたいアイテム★

 

Dior フィックスイットカラー #400 グリーン
Dior フィックスイットカラー

急な赤みやニキビ、吹き出物に対応できるグリーンのコントロールカラーは小さめのスティックタイプが1つあるとかなり重宝できそう!

ディオールのカラーコンシーラーは2つのテクスチャーが1つになった新しい肌色補正スティック。プロが仕上げたような肌を是非体感してみて♡

 

Dior フィックスイットカラー #100 ブルー

ハイライト効果のあるブルーとパープルの中間のようなカラーもおすすめです!鼻筋や頬、顎やCゾーンにすっと乗せることで立体感と透明感のある肌に♡持ち運びしやすいサイズ感なのも嬉しいです♪

 

めんどくさがり屋さんにはコレ!

朝は忙しくメイクに時間をかけている余裕なんてない!という方にはコントロールカラー要素を持ち、肌のトーンを上げてくれる下地をチョイス!

毛穴やムラをカバーし、ファンデーションのノリを良くする下地ならコチラの2つがおすすめ★

Dior ディオールスキンフォーエヴァー&エヴァーベース

色自体は薄いベージュ。オイルフリーでサラサラとしたテクスチャーです。

ユニバーサルカラーでどんな肌の色ムラも明るく輝く肌に導きます。肌を包み込むように伸びの良い使用感で顔全体をトーンアップ。

なめらかな肌に整い、ファンデーションのノリと持ちを高めます♬

 

PAUL & JOE ラトゥーエクラファンデーションプライマーN

日本人の黄み肌を綺麗に見せてくれるラベンダーパール配合。光コントロール効果でくすみのない立体感のあるツヤ肌に仕上げてくれます。

べたつかないテクスチャーで伸びが良く、保湿力も◎ 皮脂吸着パウダー配合で春夏も使いやすいテクスチャーが嬉しい。自然にトーンアップしてくれるので全顔に使用しても白浮きしません!

 

試してみたいアイテムはありましたか??

コントロールカラーの使い方がうまくなれば普段よりも綺麗な肌を演出できます!是非試してみて下さいね♬