• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

ピカピカの1年生!ひとりひとりに合ったランドセルの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

キッズ・ベビー

ピカピカの1年生!ひとりひとりに合ったランドセルの選び方

大人になった誰もが今でも思い出に残っているランドセル。
小学校に通う間の6年間、ほぼ毎日通学に使うからこそ、愛着が湧くものだと思います。

自分自身も経験してきたことだから、だんだん大きくなってきたお子さんやお孫さんの入学のお祝いにプレゼントするなら、お気に入りのとっておきのものを選んであげたいですよね。

思い出に残るランドセル

思い出に残るランドセル

最近はどこのブランドのランドセルもカラーバリエーションが豊富で、デザインがより機能的になっているので、たくさんの中からなかなか1つに絞って選べないなんて方もいると思います。

今回はそんな方のために、女の子にも男の子にもおすすめのランドセルの選び方についてご紹介します。

ランドセル選びのポイントは!?

素材

失敗しないでランドセルを購入するには、まずは素材に注目してみましょう。

ポイントはランドセルの外側ではなく、内側の素材も注意してチェックしてみるといいですよ。

ポケットなどで隠れて見えない部分にもこだわっているランドセルがより丈夫で長持ちします。

ランドセルの表面の素材は、雨や雪が降ってきた時のためにも安心な撥水加工に優れたランドセルが理想です。

重さ

ランドセルの重さに関しても、毎日背負うものだから出来るだけ軽いものをと思うのが親心ですよね。

でも、ここで注意が必要なのは、ただランドセルが軽いということだけで選んでしまっては耐性の面で少し不安があると言うこと。

持ち運びの軽さにこだわった結果、ランドセルの中に入る容量がお子さんの持ち運びたい荷物の量に足りないなんてことも。

容量

ランドセルに入り切らなかった荷物は、手提げなど手持ちの荷物になりますよね。

ランドセルで背負う荷物よりも手提げの荷物のほうがお子様にとっては負担が大きいので、結果的に重くなって負担が増えてしまうことになります。

そう考えるとただ軽ければいいと、購入するわけにはいきません。

そして、いくらランドセルが軽くても耐久性・強度などの観点でつくりが丈夫ではない可能性があるからです。

サイズ

重要なランドセルの中に入るサイズに関しては、一般的なノートや教科書に対応しているサイズがいいですね。

商品説明や口コミ、レビューなどで具体的な大きさをイメージできる商品なら比較的にギャップを感じずに手元に届くのでおすすめ。

加えてランドセルを背負いながら走り回ったり、帰宅したら早々に玄関にランドセルを放り投げるなどランドセルを壊してしまう心配もあるので活発なお子さんをお持ちの方には、修理保証が充実したブランドのランドセルが人気です。

ランドセルのカラーおすすめの選び方は?

ランドセル

今は以前とは違って男児が黒、女児が赤といった決まりもないので自由なカラーで個性を出すことができるようになりました。

ランドセルの今の人気カラーは男の子なら黒や紺、緑系、女の子なら赤、ピンク、ワイン系。

色のバラエティーは確実に増えていますが、男の子は青みより、女の子は赤みよりが人気と以前とも似ている好みですね。

ただ色選びで気をつけたいのは1年生になりたての時と、6年生のときの色の好みは変わる可能性があるということ!

カラーは印象を大きく左右するのでランドセルを選ぶ時には1番慎重に選びたいところですね。

まとめ

ランドセルについてイメージは湧きましたか?

お子様にとって個性が出るランドセル。

学校という社会ではランドセルなどの持ち物は多くのお友達の目に触れる機会があると思います。

みんなと違いすぎるのも不安になると思います。

お子様の親の目線で協調性のあるデザインを選んでくださいね♪

通販のau Wowma!なら、ネットショッピングの強みを活かして数を限らずに豊富なブランドのランドセルを見つけることができるので、きっとお子さんが喜ぶランドセルが見つかりそうです。

ぜひ参考に商品ページをご覧になってください。