【1分脳トレ】「口、ネ、十」で漢字1文字を作ると何になる!?

そのた

【1分脳トレ】「口、ネ、十」で漢字1文字を作ると何になる!?

今回は漢字や思考型クイズなど複数ジャンルの問題を3問集めてみました。どれも1分程度で解ける難易度になっています。脳トレ効果を上げるなら、制限時間内クリアを目指してください。

「口、ネ、十」で漢字1文字を作ると何になる!?

例えば「国」という字を、部首やつくりといった漢字のルールを無視してパーツごとにバラすと、「口」と「玉」に分解できます。この分解方法を踏まえて問題です。

「口、ネ、十」で漢字1文字を作ると何になる!?

ある漢字をバラバラにしたところ「口、ネ、十」の3つのパーツに分かれました。もとの漢字が何だったのか答えてください。「国」の例にあるように、「口」と「玉」の大きさは元の漢字のとおりではなくなっています。ここに気を付けて考えてみましょう♪

【答え】 神

ネットで「ネ申」という表記を見たことがあるとすぐにわかったかもしれません。この問題のポイントは、つくりの部分の「申」が「口」と「十」で作られているというところ。ここに気づかないと、かなり難しかったでしょう。

へんの「ネ」は「しめすへん」と呼ばれ、「神」や「社」のように、常用漢字や人名では「示」が「ネ」に変わることがあります。変わらないもの例としては、京都「祇園」の「祇」などがあげられます。

うっかり注意!「9+8÷2-3」の答えは?

国語の問題のあとは算数に挑戦しましょう。

うっかり注意!「9+8÷2-3」の答えは?

「9+8÷2-3」という計算があります。足し算や掛け算にある約束事を守り、間違えないように正しい答えを出してください!

【答え】 10

「+」「-」「×」「÷」の四則演算では「×」と「÷」を先に、「+」と「-」は後にするというルールがありました。このとおりに計算するために、式に( )を付けてわかりやすくすると次のようになります。

9+8÷2-3

9+(8÷2)-3

これならもう計算間違いはありませんね!

9+4-3=10

となります。

ここを忘れて計算してしまうと

17÷2-3=8.5-3=5.5

という小数点の計算になってしまいます。

「ニューヨークが1ならパリは7、東京だったら15!?」これって何?

3問目は少ないヒントから謎を解き明かす、王道のクイズ問題です。答えは何か、じっくり考えてください。

「ニューヨークが1ならパリは7、東京だったら15!?」これって何?

「ニューヨークは1、パリは7、東京は15」という数字があります。これはあるものを表しているのですが、それが何かわかりますか?問題に書かれている文字の形、色は関係ありません。また、場所の並び順は直接関係なく、「東京15、パリ7、ニューヨーク1」でも同じです。ヒントをひとつ付けるとしたら、「ロンドンは6」になります。

【答え】 時差

世界の時計は協定世界時(「UTC」。以下同じ)になっていて、その元となったグリニッジ天文台のあるイギリスは、当然時差はゼロ。ニューヨークのアメリカ東海岸時間「EST」は5時間遅い「UTC-5」、パリは中央ヨーロッパ時間「CET」になり1時間進んでいるため「UTC+1」、東京は日本標準時で「JST」、協定世界時とは9時間の差があり「UTC+9」になります。これをもとにするとニューヨークが夜中の1時ならパリは朝の7時、東京は午後の3時に。

日付が変わらない範囲でいうなら、シドニーがオーストラリア東部時間「AEST」で「UTC+11」の午後5時、フィジーの首都スバが「FJT」で「UTC+12」の夕方6時。これが日付変更線を超えない限界となっています。

まとめ

最後の問題は海外旅行をしたり、海外のスポーツ中継などをよく見たりする人には簡単だったかもしれません。

日常生活のちょっとしたことでもクイズにするとわからなくなるもの。次回も脳トレで普段気にしていないことを再発見しましょう!