【1分脳トレ】マッチ棒クイズ!1本だけ動かして正解を作ろう!

そのた

【1分脳トレ】マッチ棒クイズ!1本だけ動かして正解を作ろう!

今回は漢字やマッチ棒クイズなど複数ジャンルの問題を3問集めてみました。どれも1分程度で解ける難易度になっています。脳トレ効果を上げるなら、制限時間内クリアを目指してください。

マッチ棒を1本動かして「12+5=18」を正しい式に!

最初はみんなが大好きなマッチ棒を使ったクイズです。

マッチ棒を1本動かして「12+5=18」を正しい式に!

上の図のように、マッチ棒で「12+5=18」という誤った式を作りました。このマッチ棒の中から1本動かして、式を正しく修正してください。取り除くだけ、マッチ棒に加工をするというのはナシですよ!

最初はみんなが大好きなマッチ棒を使ったクイズです。

【答え】

「12」の「2」の左下を右にスライドさせ「3」にします。これで式は「13+5=18」となって正しくすることができました。

この問題は同じ数字の中でマッチ棒を動かすだけのシンプルな問題で、じっと見ていたら答えがひらめいたという人もいたかもしれません。

基本的な考え方は次のとおりです。
式の左と右の答えがどちらも10台の数字で、「1」を「7」にして70台にすると、マッチ棒1本の移動では数字が作れません。つまり、式が成り立たなくなるため答えは少なくとも10台の数字になるというのがわかります。同様に足し算の最初の数字も10台であることがわかるため、あとは各数字の1桁目を調整して式を完成させる方法を試すだけです。

「○談」などに共通する漢字を考えよう!

「○談」などに共通する漢字を考えよう!

上の図の中央の空白マスにある漢字を入れると、「仮○」「側○」「○談」「○積」という4つの熟語が完成します。何という文字を入れればよいのか考えましょう!

【答え】 面

面をいれると、それぞれ「仮面」「側面」「面談」「面積」という言葉が完成します。

どれかひとつの文字を集中的に考え、思いついた漢字をそのまま隣の字に当てはめ言葉が完成するか。これを繰り返していくのが簡単に答えを見つけるコツです。1分の制限時間で解けましたか?

オラの里が一番!「郵便貯金残高が最も多い県民は?」

漢字クイズに続いては、全国の一番を当てるご当地問題です。

オラの里が一番!「郵便貯金残高が最も多い県民は?」

総省統計局の誰でも閲覧することのできるデータには、いろいろな県民性をうかがい知ることのできるものがたくさんあります。今回はそんな中から、お金にまつわるデータをピックアップ。

「人口一人当たりの郵便貯金残高の多い県」はどこでしょう?

【答え】 和歌山県

単純に考えると、人口が多い都道府県のほうが高額預金の人が多くなり、結果、預金額が多くなりそうな気もしますが、データを見ると必ずしもそうではないことに気付きます。

まず郵便局の数を比べてみましょう。全国で郵便局の数が最も多いのは2018年3月末時点で北海道の1,484、次が東京都の1,481、3番目は大阪府で1,114、和歌山県はなんと37位の315です。

次に人口です。最も多いは東京都の13,822万人、大阪府は3位で8,813万人、和歌山県は40位の935万人でした。

そして郵便貯金の1人当たりの残高ですが、1位の和歌山県は全国平均の130.5万円を30%ほど上回る169.5万円もあります。2位徳島県、3位香川県、4位福井県、5位奈良県と続き、近隣の県に集中しているのも不思議です。

共通しているのは、人口と郵便局数のどちらも低い県であるということ。上位の県民は、コツコツと貯金を積み上げていく篤実な性格が表れているのかもしれません。

 

 

まとめ

漢字とマッチ棒の問題はどちらも比較的やさしめでしたが、ご当地問題はちょっと難しかったと思います。ご当地問題も地域を見ながら出題していきますので、もしかしたらあなたの住む自治体がトップを飾るデータが出題されるかもしれませんよ!

次回も脳トレで楽しい時間を過ごしましょう!