• Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram

毎日の家事が楽しくなる!おしゃれ&かわいいエプロンの人気ブランド紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリア・生活雑貨

毎日の家事が楽しくなる!おしゃれ&かわいいエプロンの人気ブランド紹介

家事や料理をする際に、お気に入りのエプロンを身に着けているだけで気分がアップするという人も多いのではないでしょうか。

エプロンにはいくつか種類があり、シーンによって適した形があります。
見た目だけで選ぶと、実際使用するときに不便を感じることがあるかもしれません。

そこでこの記事では、エプロンの種類や選ぶときのポイントを紹介します。

さらにおしゃれでかわいいエプロンを販売している人気ブランドとおすすめ商品も紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

エプロンにはどんな種類があるの?デザインと素材をチェック!

雑貨屋などの店頭には、魅力的なエプロンがたくさん並んでいます。
デザインで選ぶべきか、安いものを選ぶべきかなど、どのように選ぶかで迷っている方も多いのではないでしょうか。

選び方を知るには、まずエプロンの種類を知ることが大切です。
そこでここでは、エプロンのデザインや素材について紹介します。

主な用途を思い浮かべて、自分に合ったエプロンを探してみましょう。

エプロンのデザインは主に2種類

エプロンのデザインは、主に「胸当て」と「腰当て」の2種類に分けられます。

それぞれの特徴や活用シーンを確認していきましょう。

胸当てエプロン

胸当てエプロン

胸当てタイプは、多くの方がエプロンと聞いて思い浮かべる形ではないでしょうか。

胸の部分を布で覆うため、料理や掃除での汚れを防ぎやすいのが特徴です。

また、カラーや柄のレパートリーが豊富なのもうれしいポイント。

胸当てタイプは、さらに以下のような種類に分かれます。

X型

背中でヒモが交差している形のエプロンです。

腰ヒモを結んで着用します。エプロンがずれにくく、シルエットがすっきりして見える一方で、着脱には少々時間がかかります。

肩こりを起こしやすいこともデメリットです。

H型

背中のヒモがHのような形をしており、腰の部分をボタンで留めるタイプのエプロンです。

肩ヒモが太く肩こりしづらい、着用が簡単といったメリットがあります。

デメリットとしては、ラインが一直線になりがちで、シルエットが太く見えてしまうことが挙げられます。

首掛け型

輪になっている首ヒモを首に掛け、腰ヒモを結んで着用するエプロンです。

肩ヒモのずれを気にせず、きれいなシルエットで着られる一方で、首がこりやすいというデメリットがあります。

ベスト型

保育士がよく着るような、頭からすっぽりとかぶるタイプのエプロンです。

ずれる心配がないので、家事に追われているときにはぴったり。

袖があるものとないものがあるので、季節に合わせて数着持っておくのもおすすめです。

 

そのほか割烹着やエプロンドレス(ワンピースタイプ)も胸当てエプロンの1種といえるでしょう。

腰当てエプロン

腰当てエプロン

腰当てエプロンは、サロンエプロンやカフェエプロン、ギャルソンエプロンとも呼ばれる腰に巻くタイプのエプロンです。

汚れをカバーする範囲は腰から下に限られてしまいますが、ちょっとした家事のときにさっと着けられて便利です。

また、おしゃれでスタイリッシュなデザインは、男女問わず人気がありますよ。

 

さらに、胸当て・腰当てエプロンともに、ショート・ミドル・ロングといった丈の長さによるバリエーションがあります。

素材はポリエステルと綿の主に2種類

エプロン

エプロンの素材は、主にポリエステルと綿の2種類です。

それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

ポリエステル

ポリエステル素材を使用したエプロンは、汚れがつきにくく水や油をはじきやすいのが特徴です。

そのほか、耐久性に優れ、洗濯をしてもくたびれにくいなどのメリットもあります。

一方熱に弱い、通気性に欠ける点はデメリットです。

機能性に優れていることから、業務用のエプロンに使用されることが多くあります。

綿

綿素材を使用したエプロンのメリットは、火に強い、やわらかく通気性に優れているため着心地がよい、デザイン性に富んでいることです。

一方デメリットには、耐久性がポリエステルより劣り、洗濯でヨレやすく、色落ち・色あせが起きることが挙げられます。

どちらかというと、家庭用として扱われることが多い素材です。

 

ほかにリネンやデニムなどの素材を使ったエプロンもあります。
リネンはふんわりとした肌触りで洗濯しやすく、デニムは丈夫でスタイリッシュです。

素材によって異なる使い勝手や着心地にも注目して選びましょう。

▼▼次はエプロンを選ぶときのポイント!▼▼